2017年3月31日(金曜日)

駄洒落考

カテゴリー: - katsumi @ 12時06分13秒

 昨日、日本財団の補助による地域の施設の開所式に、町議会常任委員長ということで参加しました。
 岩常の農村サロンを訪問した後、網代のカフェ「なだばた」を会場に式典があり、試食もさせていただきました。
 網代ならではの新鮮な地物の海産物を主役にしたメニューで、なによりも新鮮さがウリです。
 それだけなら駄洒落考にはならないのですが、式典での平井伸治知事の来賓あいさつが肴です。
 あいさつの終わりに、「天はたなばた、地はなだばた」まではよかったのですが、「岩美町だけに、おいわみ申し上げます」としめくくりました。
 舌がもつれれば、「おみまい申し上げます」とか「おいやみ申し上げます」、「おくやみ申し上げます」となりかねません。
 現に、「おいやみ」と聞いた人がありました。
 駄洒落をさかんに売り込んでいる知事ですが、今回いただけない駄洒落になったのは、駄洒落を言ってやろうと構えて、無理にこじつけるからです。
 考えて発するのは洒落であって、オシャレで切れがよくなければ話になりません。
 洒落は傑作もあれば駄作もあるでしょう。
 しかし駄洒落はどこまでも「駄」洒落であって、うまいとか見事とかの喝采や「オヤジギャグ」というブーイングはおこっても、駄作という評価はあたりません。
 駄洒落はふっと浮かんだ言葉をそのまま口にするだけで、準備ノートなどあろうはずはありません。
 あらかじめ考えるものではないのです。
 
 知事の駄洒落についてひとしきり論じ合った帰りの車の中で、町長がある知事が短歌をいつでも披露するという話を紹介したのに、反応した私の駄洒落はつぎのようなものでした。駄洒落で他意は一切ありません。

 ○○知事が歌うのは短歌、町長が切るのはタンカ。

 お粗末でした。
 
 
  


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tanaka-katsumi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/5776

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

19 queries. 0.050 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ