2008年12月23日(火曜日)

早大大学院客員教授・内海愛子さん

カテゴリー: - katsumi @ 22時46分29秒

 22日付「しんぶん赤旗」学問・文化欄掲載の月曜インタビューに登場した内海さんを記事は、日本の戦後補償問題研究者として紹介している。

 

 新著『キムはなぜ裁かれたのか―朝鮮人BC級戦犯の軌跡』(朝日新聞出版)で、朝鮮人BC級戦犯を通して日本の戦争責任をみつめる内海さん。

 

 さまざまな問題を投げかけているが、そのなかの1つの発言を紹介する。

 

 「組織のなかで生きる私たちが、良心に反する、あるいは違法な上司の命令にどこまで抗することができるのか、BC級戦犯裁判は、今に生きる私たちの問題としても迫ってきます。自分ならどうするのか、一人ひとりに問われている問題として朝鮮人BC級戦犯の問題を考えながら、この本をまとめました」


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tanaka-katsumi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/2216

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

19 queries. 0.088 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ