2008年12月21日(日曜日)

月刊『BOSS』主幹・針木康雄さん

カテゴリー: - katsumi @ 21時56分22秒

 「しんぶん赤旗」本日付一面掲載の「発言 私の選択」に登場した針木康雄さん。

 

 この人の発言を読み、「しんぶん赤旗」と日本共産党の活動と主張の道理の確かさを改めて実感。

 

 資本主義日本のいわば体制側に身を置いて考え活動してきた人が、日本資本主義のリーダーたちの姿勢を批判し、その角度が日本共産党の綱領の考え方と一致する―この痛快さを感じた針木さんの発言だ。そのなかから引用する。

 

 「船が沈没するときに、最初に逃げ出すのはネズミ、というけど、いまの経済界では、船長が真っ先に船を捨てているじゃないですか。船長は最後までとどまって、みんなが船を離れるのを見届けてから、最後にボートに乗るものですよ。御手洗さんは、総理に呼ばれて、『雇用を守ってくれ』といわれ、それを承知しながら派遣を大量に切っているんですよ。」

 

 「昔はね、『企業内失業者』といって、経済が不況に陥った時でも企業は『企業内失業者』を抱えながら、経済全体に影響を及ぼさないように、経営をやってきたんです。それが今回は逆。経営者としての美学や見識がない。特にリーダー企業にとっては、それが必要なんです。」

 

 「いま『赤旗』の一面が面白い。普通の新聞が伝えない実態や数字、どの地域ではどんなトラブルが起こっているのかが克明に分かる。これまで『赤旗』はあまり読まなかったけど、いま、資料として非常に役に立つんです。これはお世辞じゃないですよ。」

 


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.tanaka-katsumi.net/modules/wordpress/wp-trackback.php/2213

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

19 queries. 0.057 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ