2015年7月31日(金曜日)

「週刊明るい岩美」8月2日号

カテゴリー: - katsumi @ 09時37分27秒

 「週刊明るい岩美」8月2日号は、超民の会のアピールへの賛同署名活動を一生懸命やっている人がぶつかった反応の一つ―公共的性格を持った組織の職員が「賛同するが立場上署名できない」というもの―を題材に、公務員の政治活動、とりわけ当面している署名に応じる活動、署名で意思を表明する行為について考えてみました。
 ギャラリーでPDFをご覧ください。


朝宣伝639日

カテゴリー: - katsumi @ 09時33分19秒

 岩本で7時から8時30分まであいさつ。
 今朝も灼熱状態。肌を汗が流れ落ちていました。
 いわゆるプルーカラーの人たちであいさつを返してくれる人が増えています。
 うなずき返してくれる人が、増えていることを今朝も実感しました。


2015年7月30日(木曜日)

朝宣伝638日

カテゴリー: - katsumi @ 12時29分09秒

 駟馳山峠で7時から8時30分まであいさつ。
 最後の5分間に手上げてくれる人が続きました。
 バイクの若者が2人、元気に左手を上げてくれました。


2015年7月29日(水曜日)

8月9日講演会の長岡徹教授から連絡がありました

カテゴリー: - katsumi @ 10時37分45秒

 8月9日に安全保障関連法案に反対する岩美町民の会が開く憲法講演会で講師をしていただく、長岡徹関西学院大学教授から連絡をいただきました。
 岩美町は浦富海岸にも温泉にも幾たびか来られているとのことで、岩美町が馴染みの町でよかったです。
 90分の講演ときまりました。 


朝宣伝637日

カテゴリー: - katsumi @ 10時26分57秒

 大谷中央で7時から8時35分まであいさつ。
 顔見知りの女性が運転する軽乗用車に乗った3人の男の子たちが、そろって手をふってくれました。
 彼女の孫たちでしょう。
 


2015年7月28日(火曜日)

町民の会で戦争法案の勉強会―講師が決まりました

カテゴリー: - katsumi @ 23時59分25秒

 「安全保障関連法案に反対する岩美町民の会」主催で町民対象の講演会を開催することになりました。
 憲法学者の有志が結成した出前講師団に連絡を取り、派遣していただく講師の先生が決まりました。
 関西学院大学の長岡徹先生です。
 開催日は8月9日午後です。
 時間はご本人との話し合いがまだなので未定ですが、岩美町中央公民館でおこないます。
 素早く対応していただたことで、戦争法案反対に学問的良心をかけておられる学者研究者のみなさんとの気持ちの交流を実感しています。


町民の会に報道機関から初めての取材

カテゴリー: - katsumi @ 23時51分48秒

 新日本海新聞の記者から電話がありました。
 8月2日に鳥取市の久松公園で開く県弁護士会よびかけの戦争法案反対集会に、よびかけに応えて参加する団体の一つとして、「岩美町民の会」の声を記事の中で紹介したいとのこと。
 よびかけ人のなかで2人の女性を紹介しました。
 その一人に思いを語ってもらったという、紹介に対するお礼の電話がありました。
 金曜日(31日)の記事に反映されるとのことです。


朝宣伝636日

カテゴリー: - katsumi @ 23時44分11秒

 新井で6時55分から8時40分まであいさつ。
 終わりの時間を伸ばして正解でした。
 町のバスが通過していきました。どんな関係者を運んでいたのか不明ですが、奇遇というものです。
 伸ばしたおかげで同級生にも出合いましたが、彼は眼前の信号に気をとられていたものか、私に気が付いたようには見えませんでした。


2015年7月27日(月曜日)

朝宣伝635日

カテゴリー: - katsumi @ 10時59分44秒

 新井で6時55分から8時35分まであいさつ。
 プラスターに18日いっせい行動で使った金子兜太さん揮毫の「アベ政治を許さない」を張り付けました。
 戦争法案だけではなく、アベ打倒で共感を。


2015年7月25日(土曜日)

「週刊明るい岩美」7月26日号

カテゴリー: - katsumi @ 12時24分50秒

 「週刊明るい岩美」7月26日号を作成しました。
 戦争法案反対の町民の会の結成を書き、会のアピール全文を掲載しました。
 PDFはギャラリーでご覧ください。


道の駅「きなんせ岩美」の案内表示を提案

カテゴリー: - katsumi @ 12時22分23秒

 今朝のあいさつ行動の場所は、目の前が道の駅ですから、西から来た県外車が、テナントで入っているコンビニの看板にひかれて入口を探す姿に気づきました。
 入口がわかりにくいという声を聞いてはいましたが、わかっている者には気が付かなかったのですが、わかりにくい理由がわかりました。
 理由の一つは、まずコンビニの案内表示です。その表示では本来の入口の手前で左折してもしかたありません。福井ナンバーの乗用車がその通りに動き、結局は脇の出口になっている場所から入っていきました。
 二つ目は、道の駅の表示が二つありますが、どちらにも入口を示すものはありません。
 西から来て最初に目に入る表示では、やはり先の乗用車と同じ行動をしても不思議ではありません。
 関係者に現場で話しをして、「信号を左折」の案内を付け加えるよう提案しました。
 合わせて、道の駅は国交省の施設でもありますから、国道の表示板に道の駅を追加してもらえばいいでしょう。
 


朝宣伝634日

カテゴリー: - katsumi @ 12時11分50秒

 新井で7時から8時35分まであいさつ。
 今日も陽ざしの強い中でのあいさつでした。
 土曜日のあいさつでの楽しみは、平日の通勤者とは違う人が通行することです。
 今朝も「おや、何だろう、この人は」という顔つきで、私とプラスターに目をやる人が何人もいました。


2015年7月24日(金曜日)

朝宣伝633日

カテゴリー: - katsumi @ 10時39分02秒

 岩本で6時55分から8時30分まであいさつ。
 真夏の日差しが照りつける暑い朝でした。
 始めて間もなくに、いつも手を上げてあいさつしてくれる若者に久しぶりに出合いました。
 終わりごろにはあいさつを返してくれる車が続き、いい気分で終わりました。
 「町民の会」の立ち上げ準備などを優先した朝の活動タイムにしてきたことで、朝の運動タイム、宣伝タイムがおろそかになっていました。
 朝宣伝に運動タイムをこなすことは、私の一日の充実感に大きくかかわることを改めて実感したこの頃です。


2015年7月22日(水曜日)

「安全保障関連法案に反対する岩美町民の会」結成しました

カテゴリー: - katsumi @ 11時50分02秒

 昨日21日、6月議会に意見書提出した4議員で準備をすすめてきた町民の会を結成しました。
 結成を契機によびかけ人の連名で町人に賛同をよびかけていくことになります。
 町民がそれぞれの反対意思表明をする場、機会をもつことになりました。
 その意義にふさわしい規模の取り組みになるよう全力をつくしたいと思います。


朝宣伝632日

カテゴリー: - katsumi @ 11時45分46秒

 大谷中央で6時55分から8時40分まであいさつ。
 光線の具合で車内がよくみえませんが、ここでもあいさつへの反応が増えているように感じました。


2015年7月20日(月曜日)

今日は朝宣伝休みます

カテゴリー: - katsumi @ 07時09分20秒

 今日は9時からいわみ道の駅の開所式です。
 式典出席は議会だより編集委員会メンバーとして写真取材もかねています。
 下手なカメラマンですが、それだけに準備を必要としています。
 ストロボ用の電池を購入して準備をしなくてはなりません。
 そのために朝宣伝休みます。


「週刊明るい岩美」7月19日号、ついでに12日号

カテゴリー: - katsumi @ 06時56分17秒

 「週刊明るい岩美」をアップするのを忘れていました。
 19日号は議員4人で「町民の会」を立ち上げる行動を始めたこと、6月議会での「戦争法案今国会での成立に反対」の意見書についての私の討論を載せました。
 12日号のアップも失念していることに気づきました。
 12日号は平和行進の県内行進岩美駅出発、役場訪問、合同海水浴場開きの紹介です。
 PDFはギャラリーでご覧ください。


戦争法案反対の変化を実感

カテゴリー: - katsumi @ 06時52分39秒

 戦争法案反対の流し宣伝で変化を実感しています。
 昨日は夕方2時間行動。
 畑仕事中の高齢の女性が、手を止めて聞き耳をたてている様子でしたが、車が近くを通過するときになって、頭を数回さげられました。
 戦争するような国にはしないでくださいと言っているように。
 風呂帰りの若い男性が立ち止まって手を上げ、うなずきかえしました。
 そほほかにも通りすがりに手を上げる人、お辞儀する人など反応がありました。
 戦争法案反対の世論が変化していることを実感する時間でした。


2015年7月19日(日曜日)

安倍内閣の不支持率が50%を越した

カテゴリー: - katsumi @ 09時00分37秒

 共同通信が17日、18日に実施した世論調査結果が発表されました。
 ついに内閣不支持率が51.6%と過半数を超えました(6月より8.6ポイント急増)。
 支持率は9.7ポイント急落して37.7%になりました。
 戦争法案の衆院強行採決は「よくなかった」が73.8%、「よかった」は21.4%。
 自民党支持率は5.1ポイント急落して31.9%です。
 世論は急速に動いています。
 攻勢につぐ攻勢をかけるときです。
 「国際公約」だといっていた新国立競技場の計画を白紙に戻したように、戦争法案は廃案しかありません。
 それはできます。


2015年7月18日(土曜日)

国民の声が安倍を動かす―新国立競技場

カテゴリー: - katsumi @ 22時23分34秒

 新国立競技場建設問題でついに世論が安倍を動かしました。
 オリンピック招致演説で福島原発の汚染水を完全にコントロールしていると大見得を切って大うそで世界をだました安倍首相は、メイン競技場の建設でも資金の手当ても含めて大丈夫と太鼓判を押していたが、この件でも世界をだましていたわけです。
 そんなことはおくびにも出さず、いけしゃあしゃあとできるのが、安倍の安倍たるゆえんなのでしょう。
 そうとでも解釈しなければ、つじつまが合わない言動を理解できません。
 反対世論がNHkで80%をこえたようですが、こコマで反対が広がると、安倍も強行はできないようです。
 戦争法案についても、反対が80%、90%になるようなたたかいをすれば、参院での強行採決や衆院での再議決を阻止できる、つまり廃案に追い込むことができることを、新国立競技場の見直しは示しています。


56 queries. 0.235 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ