2015年3月15日(日曜日)

本日はサケの稚魚放流です

カテゴリー: - katsumi @ 12時00分31秒

 本日は11時から、岩常地内でサケの稚魚を小田川に放流です。
 私は余裕がないものですから、今年は子どもたちの放流の姿を見ることができませんでした。
 私の家で飼育した稚魚に、昨晩からしっかり餌を与え、エサを元気に食べる姿を確認。
 ビニール袋に移し替えて現地に運び、「小田川・荒金川に魚を蘇らせる会」のメンバーに託して帰宅しました。


「週刊明るい岩美」休刊しました

カテゴリー: - katsumi @ 11時54分15秒

 「週刊明るい岩美」3月15日号は休刊にしました。
いっせい地方選挙にかかわっていることから、そちらの仕事をすませて夜半にと思いましたが、あれこれと睡眠不足が続いていて数時間でまとめる自信がもてませんでした。
 ということで、木曜夜半に休刊を決断しました。


細かなことですが…

カテゴリー: - katsumi @ 10時28分42秒

 議案などの説明のなかで気になっている言葉の一つに、気配りが「こまかい」か「こまやか」か、というのがあります。
 いずれにも「細」という字をあてています。
 国語辞典をみましたら、「こまかい」は「細かい」で、「こまやか」は「濃やか」で、漢字がちがっていました。もっとも、いまパソコンで表示されたのでは「こまやか」は「濃やか」も「細やか」もどちらも使うようです。
 岩波の国語辞典第4版(昭和61年)には、「細やか」という表記は見当たりません。
 辞典の表現でくらべてみると、意味合いは若干違うようで、「こまやか」は心がこもっているさま、情けの厚いさま、とあります。だから、愛情は「濃やか」と「濃」の字が適切な感じがします。
 他方、「こまかい」の方は、行き届いて丁寧だとあります。心づかいは「細かい」をつかうというのは、わかります。


チャチャが死んだ

カテゴリー: - katsumi @ 10時11分39秒

 11日から目にもはっきりと身体に力がなく、ぐったりとしていたチャチャが、今朝8時50分に息を引き取りました。
 昨日までは排尿にも起き上がって歩き、水も牛乳も飲んでいたのが、今朝は口元まではこんでも舐めもしません。
 刺激を与えてみようと思いたち、しばらくやっていなかった背中のブラッシングをしてやってのが最後でした。
 長男が、高校卒業した年の8月に鳥取市の千代川にかかる八千代橋下で箱に入れて捨てられていた子猫(目が開くか開かないかという幼い)を連れ帰ったのが始まりでした。
 水に投げ込まれた子犬、捨てられた子猫など、見てみぬふりができない長男に、命を救われた犬猫は何匹にもなります。
 あれから16年7ヵ月、チャチャは我が家の一員として、子どもたちの良き友として、いい猫人生だったと思います。
 チャチャが来た翌春に生まれたトトは、10ヵ月ほどの違いですが、元気でいます。
 お母さんの死は全く気にしていない様子ですが、春になって外で活動することになれば、これまでのように、帰宅したとき鳴いて母親をさがすのではないでしょうか。


2015年3月9日(月曜日)

朝宣伝582日

カテゴリー: - katsumi @ 12時49分24秒

新井で7時から8時10分まであいさつ。議会があるため早く切り上げました。

曇り、気温は5度。

 


2015年3月7日(土曜日)

消費税10%は絶対にダメ

カテゴリー: - katsumi @ 18時26分57秒

 日曜版読者で自営業をやっている年配の男性が、今朝新聞を手渡して立ち去ろうとする私に、「田中さん、消費税はお願いします。引き上げは絶対反対です。」と声をかけられました。
 不況と8%引き上げでお客さんが減っている現状に、さらに追い打ちをかけることは必至です。
 「力をあわせてがんばりましょう」と答えましたが、切実さが伝わる声音でした。
 90歳近い年齢までがんばって事業を維持してこられた努力を踏みつけにする、血も涙もない安倍の暴走を許すことはできません。


2015年3月6日(金曜日)

3月議会始まりました

カテゴリー: - katsumi @ 18時59分35秒

岩美町議会の3月定例会が本日始まりました。
今日は町長の施政方針演説と補正予算案、3年ごとの指定管理者を指定する議案を可決しました。


「週刊明るい岩美」3月8日号作成

カテゴリー: - katsumi @ 18時57分03秒

「週刊明るい岩美」3月8日号を作成しました。
本日から始まる3月議会の審議日程と私の一般質問の通告を紹介しました。
今号もギャラリーでご覧ください。


2015年3月4日(水曜日)

「知らなかった」が常套句に

カテゴリー: - katsumi @ 09時34分10秒

 かつて田中角栄内閣当時に、「政治とカネ」の問題が国会で議論されたことがありました。
 当時は証人喚問も行なわれ、田中角栄氏が「刎頚の友」と言った小佐野国際興業社長などが、「記憶にございません」という言い逃れ発言をしたものでした。
 「記憶にございません」は、流行語になったほどでした。
 いま安倍政権の閣僚の面々にまつわる「カネ」の問題が浮上しています。
 国から補助金を受けている企業・団体から献金を受けることは政治資金規正法が禁止しているところです。
 禁止されている政治資金を受けていたことが発覚すると、彼らは共通して「補助金を受けていたとは知らなかった」と言いはります。
 献金元が補助金をうけていることの認識がなければ、禁止献金にならないことに政治資金規正法上はなっているからです。
 政治買収を罰するものですが、買収される政治家も買収する献金側も罰せられるものです。
 政治家の側が政治買収は許さないとの毅然とした立場にあるのなら、自分を買収しようとする行為は許さないという姿勢を貫き、献金者の身元をきちんと掌握すべきです。
 もともと税金の還流という性格の献金なのですから、政治家側からきびしくチェックするのが筋です。
 発覚しなかったら「返金」することもなく、頬かむりしてやり過ごしていたでしょう。
 本当に「知らなかった」本人が、「知らなかった」ことを証明するのは、実は困難なことです。
 「知らなかった」のはウソで「実は知っていた」ことを証明する責任を第3者に負わせることで、「実は知っていた」のに「知らなかった」と逃げ、罰から逃れる―実に誠意のない態度であることは明らかです。
 「知らなかった」「知らなかった者は法律違反にならない」とうそぶく者を許さないための唯一の方策は、企業・団体献金を禁止することです。
 ことのついでにもう一言。
 政治資金規正法に詳しいとか紹介された日大のなんとか教授がニュースでまことしやかな発言をしていましたが、彼の発言は、企業・団体献金禁止に言及しない、無力なものだと受け止めました。
 企業・団体献金の全面禁止を主張する人士を報道の前面に出さないということでもあります。


朝宣伝休みました

カテゴリー: - katsumi @ 09時08分04秒

朝のあいさつを休みました。
急いで調べなければならない事項があったからです。
大谷中央は連続のご無沙汰となりました。


2015年3月3日(火曜日)

朝宣伝581日

カテゴリー: - katsumi @ 09時09分48秒

新井で7時から8時20分まであいさつ。
曇り、気温は零度。
久しぶりに窓ガラスが白くなっていました。


2015年3月2日(月曜日)

私の読んだミステリーーその38

カテゴリー: - katsumi @ 12時38分26秒

「郵便配達夫は いつも二度ベルを鳴らす」(ジェイムズ・М・ケイン著 小鷹信光訳 ハヤカワ・ミステリ文庫)を読みました。
評価の高いのと書名にひかれて読みましたが、人間関係の描写がなんでそうなるのと思うところがありすぎで、私としては期待外れでした。
舞台となっている1930年代のアメリカだからなのでしょうか。


朝宣伝580日

カテゴリー: - katsumi @ 12時25分08秒

新井で6時55分から8時35分まであいさつ。
曇りのち晴れ、気温は4度。
寒さ対策を失敗しました。
ズボンを1枚減らし、足元は防寒ブーツを普通の長靴にとりかえ。
8時前頃から足裏、ひざ下から冷えが回り始めました。
大気が緩んできたといっても4度は4度、おまけに冷たい風が後ろから吹きつづけ、プラスターを両手でささえなければならないぐらい。
油断大敵です。
寒さを忘れさせてくれるのは、いつでも、通行車両からの激励です。
町民か町外の人かわかりませんが、ここ数回、私の後方からやってきて必ずクラクションを鳴らす車があります。
前方の信号を右折しますから、町内の事業所に出勤途上でしょう。
運転者と助手席の同乗者の2人とも、盛んに手をふってくれた車が2台ありました。
だれかなぁ〜?


42 queries. 0.222 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ