2013年5月31日(金曜日)

朝宣伝335日

カテゴリー: - katsumi @ 11時29分45秒

7時から9時まであいさつ。

 

快晴、気温は16度から22度に。

 

逆光のなかでも会釈してくれる女性などに気がつくことがあり、元気になります。

 


2013年5月29日(水曜日)

東京都議選をわが選挙として

カテゴリー: - katsumi @ 13時12分21秒

東京都議選の告示6月14日が近くなりました。

 

昨日は夜にかけて都議選の資料を作成し、小中高校と大学の同級生で東京在住の人たちに送る段取りをし、朝のあいさつ終了後に鳥取中央郵便局まででかけ、投かんしました。

 

岩美局が集配局でなくなったため、多少はオーバーしている料金確認と切手購入のためと少しでも早く届けたいとの思いで、鳥取局まで出向いたのです。

 

 


朝宣伝334日

カテゴリー: - katsumi @ 13時04分48秒

6時50分から9時まであいさつ。

 

雲間から時おり陽がさす曇り、中途で少雨、気温は20度から24度、終わりは21度。

 

8時55分ごろ黒塗り高級車がスピード落としながら近寄り男性が手招きしながら後方に停車しました。

 

抗議など悪いことではないだろうと雰囲気を感じていましたが、あいさつをやめて車に近づくと助手席のウインドウがさげられています。

 

私より高齢に見える運転席の男性に声をかけました。

 

「アベノミクス」という言葉がいきなり発せられ、「銀行に対し中小企業に金を貸してやれと一言もない」「中小の企業はみんな泣いている」「アベノミクスは大きい企業のことばかりで、中小には何のこともない」「77年生きてきたが今が最悪だ」などなど怒りと憤懣の気持ちを吐き出し、最後は「これまで自民党をやってきたが、今度は共産党にやる」「うちだけでも10票はある」「共産党に頑張ってもらいたい」と語り、私の名前を聞き激励してくれました。

 

話の中身から判断すると、鳥取市内で土木建設業界で事業をやっている方のようでした。

 

たびたび見かける車種ではないのですが、対向車線で私を見ているのでしょう。

 

私の姿を見かけたとたんに、日ごろの憤懣を語りたくなったのではないでしょうか。

 

日本共産党の姿が見えることが有権者・国民にとってどんなに大事なことか、いつ何時どんな出会いに発展するかしれない貴重な機会になりうる―活字だけでは計り知れない意味を目に見えることはもっているのではないでしょうか。


2013年5月28日(火曜日)

橋下徹大阪市長の開き直り会見

カテゴリー: - katsumi @ 10時34分41秒

「従軍慰安婦制度は必要だったことは、だれでもわかること」と妄言をはき、国内外の良識に圧倒的な批判をうけ、それでもなお発言の撤回も謝罪もしない橋下徹。

 

昨日は外国特派員協会で3時間の記者会見をやったことが報道されました。

 

NHKの報道しかみていないのですが、発言の撤回も謝罪もしなかったことは伝えられません。

 

外国人記者のコメントが2人報道されましたが、正直私には甘いコメントだと思いました。おそらくもっと厳しい発言があっただろうに放送しなかっただろうと思いました。

 

私の観測が大方あたっていたことが、今日の「しんぶん赤旗」の記事ではっきりしました。

 

「米国にだけ謝罪して『慰安婦』にはしない。内容がひどい」(海外通信社の女性記者)

 

「自国では奴隷制度は最も非難されるものだ。フランス人から見れば橋下氏の発言はびっくりするもの」(フランス人の記者)

 

「(河野談話は)混乱などしていない。談話をつくった官僚も『強制性を否定することはできない』といっており、そこを飛ばさずに説明すべきだ」(米AP通信の記者)

 

「『うちも戦争をしたが、お前の国も戦争をしたじゃないか』というのと同じ。今回は、日本が過去に行った他国とは明らかに違った行為について議論が起きているのに、稚拙な議論だ」(欧州の記者)

 

赤旗記事の最後は次のように締めくくっています。

 

ごまかしとすりかえ、はったりで3時間近く狢膠蘋皚瓩靴振恐嫉瓠最後に「21世紀、未来にむけて女性の人権をしっかり守るため、戦場における女性の利用をやめる世界の決意が必要だ」と語ると場内から失笑が漏れました。


朝宣伝333日

カテゴリー: - katsumi @ 10時17分49秒

昨日のことです。

7時から9時まであいさつ。

 

うす曇り、気温は20度から上昇していましたが確認していません。

 

ミキサー車の運転手、ダンプの運転手が手を振ってくれました。2人とも初めてだと思います。うれしかったですね。


2013年5月24日(金曜日)

朝宣伝332日

カテゴリー: - katsumi @ 22時18分19秒

6時50分から9時まであいさつ。

 

快晴、気温は14度から21度に。

 

30歳台と見える運転手が右手をあげました。

 

対向車に向けてのあいさつではないように感じましたが、次の機会に同様の反応があることを期待して待ちましょう。


「週刊明るい岩美」26日号作成

カテゴリー: - katsumi @ 22時10分11秒

「週刊明るい岩美」5月26日号を作成しました。

 

17日に開かれた議会改革特別委員会は、議員定数と議員報酬について各委員が最後の意見表明をおこない、議会の態度を決定しました。

 

次回の委員会(6月4日)で6月議会への委員長報告を議論することになりました。

 

議長と特別委員長をのぞく10名が表明した結果は、定数は12名の現状維持が7、増が3、報酬は現状維持が9、増額が1でした。

 

「明るいい岩美」今号は、各委員の意見表明を表にまとめて掲載しました。

 

PDFはこちら―→


2013年5月21日(火曜日)

田植え

カテゴリー: - katsumi @ 13時07分32秒

田植えが終わりました。

 

当初の予定の19日は、田植え機の油漏れがわかり、かなりの雨も降っていたこともあり、今朝に変更しました。

 

 


2013年5月20日(月曜日)

朝宣伝331日

カテゴリー: - katsumi @ 21時40分01秒

7時20分から9時まであいさつ。

 

目覚めたらすでに7時に2分前。曇りから晴れに、気温は18度から21度に。

 

終わり間際に親戚の若い夫婦がそろって笑顔で手を振ってくれました。

 

 


2013年5月19日(日曜日)

私の読んだ池波正太郎―その91、92

カテゴリー: - katsumi @ 16時55分47秒

この間に読んだのは「堀部安兵衛」上下(新潮文庫)、「おれの足音 大石内蔵助」上下(文春文庫)です。


朝宣伝330日

カテゴリー: - katsumi @ 16時51分55秒

この1週間、なにかと気ぜわしく、ブログの更新も怠ってしまいました。

 

この週の朝のあいさつは13日(月)に実行しましたが、水曜日は大阪に在り、金曜日は議会改革特別委員会があったために、あいさつの時間が「明るい岩美」原稿書きに化けてしまいました。

 

13日の様子は覚えているつもりでしたが、いまではあいさつしたこと以外はすっかり忘れています。

 

朝のあいさつについては、議会改革特別委員会で中止を求める議論がありましたが、このことについては後日を改めてまとめた議論を展開したいと思います。

 

3年間やってきたことに今なぜ規制する声をあげるのか―参院選まで50日を切り、来年7月の町議選も視野に入りだしたことを背景に、自民党筋による攻撃であろう。


「週刊明るい岩美」5月19日号

カテゴリー: - katsumi @ 16時39分11秒

「週刊明るい岩美」19日号をアップします。

 

無謀は金融政策による円安を原因とする輸入品急騰の一つが漁業用燃料に使用されている重油です。

 

4月には全国4000隻のイカ釣り船が一斉に休漁しました。実際に休漁した船は、休漁対象の5トン以上の大型、中型船にとどまらず5トン未満の船も自主休漁したようですから、その数は4000隻を相当に越えたのではないでしょうか。

 

日本共産党は、参院予算委員会で山下芳生議員(7月の参院選の比例代表候補の一人)がとりあげ、実態に即した特別対策を取ることを農水省に答弁させました。

 

鳥取県委員会は私の町の田後漁協と県漁協境港支所を訪れ、実態を聞き懇談しました。

 

9日に岩永なおゆき参院選挙区候補と市谷知子県議、私の3人が田後漁協の船木組合長、米村専務と懇談し、15日にはさっそく県に要望を申し入れました。

 

「明るい岩美」は、山下よしき質問の抜粋、田後漁協を訪れたこと、県に対する要望の概要を紹介しました。

 

PDFこちら → 


2013年5月10日(金曜日)

「週刊明るい岩美」5月12日号

カテゴリー: - katsumi @ 22時08分11秒

「週刊明るい岩美」5月12日号を作成しました。

 

議会と自治会長・副会長の意見交換会で「一般質問しない議員はどう思っているのか」という意見に、議長も議会改革特別委員長も答えませんでした。

 

先週号作成にあたって現議員の質問回数を、議長も含めて調べて得心したことは、3年にわたって私は口をきわめて質問をしようと言い続けてきたにもかかわらず、議長も委員長もまともに受け止めて全体に問題提起しなかったのは、両人とも直近の当選期において質問ゼロが実績だからだろうということでした。

 

しかし議会改革に真剣に取り組み、自らが自己改革を図る決意であるならば、過去の不十分さについては自己批判してあらためていくべきが、誠実な態度というものです。

 

意見交換会の時私は、議長が言い訳的な発言をしたのにたいして、委員長が発言すればいいと口をはさんだのですが、質問しなかった議長と委員長が質問しないことについての道理を自らの考え方に正直に発言すべきだったのです。

 

それをだんまりを決め込んだことを受けて、私は今号で、来年の任期まで残された5回の定例会すべてで質問しようと呼びかけることにしたのです。

 

PDFはこちら→

 


朝宣伝329日

カテゴリー: - katsumi @ 21時41分24秒

6時55分から8時30分まであいさつ。

 

曇りのち雨、気温は15度から18度に。

 

後の日程の関係で30分早く切り上げました。


2013年5月8日(水曜日)

朝宣伝328日

カテゴリー: - katsumi @ 16時30分22秒

6時50分から9時まであいさつ。

 

五月晴れ、気温は9度から15度に。

 

クリアーな空気で運転者の顔はともかく動きがかなりはっきりとわかります。

 

会釈も含めこれまででいちばん多かったと思いました。

 

ちなみに、2010年5月8日土曜日に国道9号線駟馳山峠であいさつを始めて、丸3年がたちました。

 

天気も反応も気持良い朝でした。


2013年5月2日(木曜日)

週刊明るい岩美13.5.5

カテゴリー: - katsumi @ 23時30分01秒

「週刊明るい岩美」5月5日号を作成しました。

 

4月11日に開催した9地区の自治会長・副会長と議会改革特別委員会との意見交換会で出された意見と、議長の説明にかかわり、私の見解などを記載しました。

 

PDFはこちら→


2013年5月1日(水曜日)

ツバメのカップル

カテゴリー: - katsumi @ 20時55分08秒

ツバメの巣作りをささえるためのヘビ対策がされていることが、ツバメのカップルにもわかっているのではないかと思えます。

 

脚立に乗って作業している時の心配そうな鳴き声とはちがい、今朝の彼らの声は、元気そのもの、喜びにあふれているように、私の耳にはきこえました。

 

妻の話だと、連続した被害に懲りて一昨年は巣作りをせず、昨年は孵化したヒナをヘビにやられたとのことです。

 

今年は成功することを信じています。

 

 


岩永なおゆき書記長(参院選挙区予定候補)、メーデー集会であいさつ

カテゴリー: - katsumi @ 20時42分00秒

日本共産党鳥取県委員会書記長の岩永尚之(いわながなおゆき)さんは、本日午前10時から鳥取駅南の鉄道公園で開催された第84回メーデー鳥取県集会に参加。

 

日本共産党鳥取県委員会を代表して約500人の参加者に連帯のあいさつを送りました。

        

 

集会終了後の11:30からおこなわれたデモ行進の隊列に加わり、シュプレヒコールを唱和しました。

 

         横断幕の後2列目道路中央側が岩永さん


朝宣伝327日

カテゴリー: - katsumi @ 18時47分19秒

6時55分から9時まであいさつ。

 

少雨のち曇り、気温は10度から11度に上がったり下がったり。

 

時おり背中に吹く風が寒さを感じさせました。

 

昨日の訪問活動のなかでも朝のあいさつに対する激励を受けていたので、気持よく行動できました。


54 queries. 0.224 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ