2011年3月31日(木曜日)

東北情報―一関市が陸前高田市に職員派遣支援

カテゴリー: - katsumi @ 15時15分18秒

震災、津波で壊滅的な被害をうけた陸前高田市を支援するために、一関市は市職員を派遣する方針をきめました。→岩手日報記事

 

岩手、宮城、福島三県にわたり行政組織と機能が市役所や役場の建物も含めて大打撃を受けています。

 

被災者情報すら、津波によってデータを奪われたために思うようにできない自治体があります。

 

どれだけの人員が救援、復興にむけて必要なのか、国が県とも連携しながら国の職員、県、市町村の職員派遣を全国的な規模で対応する方針を検討しなければならない課題です。

 

自治体ごとに近隣関係やその他のつながりで進むことでしょうが、国のイニシアチブを求められているのではないでしょうか。

 

こんなことをはじめとして、全国が心を一つに、しなければならないこと、できること等々を一緒に考え実行に移すことに、ほんらいは今の時間を使うことが必要だったのです。そのための、いっせい選挙延期の提案だったと思います。

 

 

 

 


「思いやり予算」―オバマ大統領には断る誠意はないのか

カテゴリー: - katsumi @ 13時55分58秒

国会では民主、自民、公明の賛成で在日アメリカ軍への「思いやり予算」(年2000億円×5年間)合計1兆円を可決しました。

 

笠井議員の質問に防衛大臣は「無償で震災支援しているアメリカ軍への配慮」などと、どの国も無償でやるのがお互いさまなのに、アメリカだけを取り上げるのは筋違いだし、思いやり予算計上の理由がないことを証明するものです。

 

アメリカ大統領に本心から日本復興を支援する気持ちがあるならば、このお金は受け取れないと思うのですが、どうでしょう。


震災復興国債のグッドアイデア

カテゴリー: - katsumi @ 13時44分34秒

東日本震災の復興に巨額の資金が必要になるが、自民、民主、財界などに消費税増税で賄うという声があがっていました。

 

私はその声を聞いて、被災者も課税される消費税などとんでもない、「資産家や大企業への減税の中止、この間の減税率を元に戻すこと、大企業内部留保をはきださせること」が必要だと主張してきました。

 

内部留保の吐き出させ方はどうするのか、この答えを日本共産党が先ごろ明らかにしめしました。

 

赤字国債とは別扱いで、低利、市場取引の対象にしないというもので、大企業も資産の放出ではないので資産が減るものではないので、株主の権利を侵害することになりませんし、社会貢献がしっかりできる合理的な方策です。

 

2011年3月30日(水)「しんぶん赤旗」

復興に向け予算の大規模補正が必要
志位委員長

——————————————————————————–

 日本共産党の志位和夫委員長は29日、国会内での記者会見で2011年度予算が同日中に成立する見通しとなったことについて問われ、「大震災が起きたもとで、予算の大規模組み替えがいよいよ必要だ。大規模な補正を求めていきたい」と述べました。

 志位氏は、「私たちは、国民の福祉と暮らしを最優先する形での抜本組み替えを求めてきたが、大震災が起きたもとで予算の大規模組み替えが必要になっている」と強調しました。

 その上で、補正の財源について、法人税減税や証券優遇税制の2年延長など大企業・大資産家への減税中止、不要不急のムダ遣いをやめることなどで約5兆円の財源をつくりだすことができると指摘。

 同時に、大企業に対しては、総額で244兆円、手元資金だけで64兆円にのぼる内部留保を活用して「震災復興国債」の引き受けを要請し、それを震災復興の力とすることが必要だとし、「かなり大掛かりな財源対策が必要になってくる。そういう立場で(補正審議に)臨みたい」と述べました。

 記者団から「赤字国債を充てることの賛否が浮上してくるのでは」との質問が出され、志位氏は、「私たちが考えている『復興国債』は、普通の国債(赤字国債)とは別建てのものにしたい」と表明。具体的には▽一般市場で流通する形の国債とはしない▽利率も低く抑える―ことを検討すべき課題として挙げました。


 


2011年3月30日(水曜日)

東北情報―巨大地震、内陸では山津波被害

カテゴリー: - katsumi @ 22時10分50秒

大津波の被害情報に原発事故情報があふれる毎日のマスコミ報道のかげで、被害情報が流れない自治体があり、当初は耳にした地震被害もその後は耳目に触れなくなったように思い、阪神淡路地震をこえる巨大地震の爪痕がどうなっているのか気になったいました。

 

海岸部は地震の痕も津波に流されているのですが、内陸では地震の傷跡がそのまま表れています。

 

河北新報が伝えています。記事は→こちら


東北情報―海保潜水士がみた被災地気仙沼の海底

カテゴリー: - katsumi @ 22時02分18秒

共同通信の配信記事に海上保安庁の潜水士が見た気仙沼の海底の変貌が記述されています。

 

津波に押し流されて荒れ地になった陸上の家など構造物、車等々が引き波で海底に引きずり込まれ、海の地形など変わり、蓄積してきた知識が役に立たないほどの変わりようだという。

 

共同通信記事は→こちら


東北情報―原発の恐怖、福島飯館

カテゴリー: - katsumi @ 10時52分55秒

河北新報が伝える原発事故による恐怖→記事こちら


東北情報―出荷停止措置で農家男性が自殺

カテゴリー: - katsumi @ 10時48分09秒

福島原発事故による影響で政府が農産物の出荷停止措置をとりましたが、福島の農家男性が自殺したことを日本共産党議員の発言などから認識していました。

 

地元新聞で確認できる報道がなかったのですが、今日の福島民友新聞が伝えていますので、紹介します。→記事こちら


東北情報―津波内陸に最大4キロ

カテゴリー: - katsumi @ 00時01分50秒

東日本大震災の巨大津波は、最大4キロメートル内陸に達していたと報道されました。→こちら


2011年3月29日(火曜日)

一気に花開く

カテゴリー: - katsumi @ 23時53分37秒

ここ数日の日当りと気温で花が一気に開花したようです。

 

ほんらい早いコブシが、ひかん桜、ミツマタの花と同じか遅いぐらいのテンポで、花の開花がみられます。

 

コブシを初めて見ましたが、この1本だけで他にはみません。

桜も咲いていましたが、おそらくひかん桜なのでしょう。

二上山のトンネルを抜けてミツマタの花が咲いていました。


東北情報―東電作業員、過酷劣悪な労働環境

カテゴリー: - katsumi @ 08時54分04秒

原発事故に現場で作業にたずさわっている東電関係の作業員が、劣悪過酷な状態におかれていることが明らかになりました。読売記事→こちら

 

この報道を読んで私は、東電副社長の不誠実な会見態度にいっそう不信感と怒りが募りました。

 

同時に、先日来の疑問がさらに膨らんできました。これだけの事故を起こしているのに、東電社長はなぜ前面にでてこないのか。どうなっているのですか。


東北情報―福島原発、土壌からプルトニウム検出

カテゴリー: - katsumi @ 08時40分36秒

ついにプルトニウムも…。NHK→こちら

 

通常の土壌に含まれる数値と同じ、というが検出されなかったものが検出されたことの意味を東電は言わない。

不誠実さはどこまでも改善されない体質化している。


2011年3月28日(月曜日)

東北情報―陸前高田市の空撮

カテゴリー: - katsumi @ 17時09分38秒

岩手日報が陸前高田市の被災地の様子を空から撮影したものを載せています。紹介します→こちら


東北情報―がれき撤去の基本方針、宮城県知事

カテゴリー: - katsumi @ 17時05分03秒

被災地復興の大前提の一つががれき撤去だと思いますが、宮城県知事が1年で撤去等の基本方針を表明しています。河北新報記事→こちら


東北情報―原発事故「最悪のシナリオ」予測しながら、首相都合を優先

カテゴリー: - katsumi @ 16時59分41秒

福島原発事故の初動で経産省原子力安全・保安院が判断ミスを犯した可能性が浮上してきたようです。

福島民友新聞が伝える記事は→こちら


2011年3月27日(日曜日)

東北情報―ガレキの除去なしには先に進まない

カテゴリー: - katsumi @ 23時50分07秒

大震災被災地の状況は、ガレキに埋まって地形も変わり、もとのままのものは何一つなく、ガレキの山は重機でとりのぞくわけにはいかない。どこに遺体があるかもしれないのだから。

 

膨大な量のガレキが広範囲にわたるなかでの除去作業は手仕事で行くしかありません。

 

平成の失対事業ではありませんが、全国の力ですすめるしかありません。

 

どれだけの人手と時間が必要なのか見当もつきませんが、仮に100万人に年間300万円の賃金を支払ってガレキ除去作業をやってもらうとすれば、3兆円あればできます。

 

3兆円とは、大企業がもっている行き場のない資金60兆円の5%です。

 

日本共産党が提案している「震災復興国債」を大企業に引き受けてもらえば、大企業もただで召し上げられるのではないので、社会的責務をはたす条件がひろがることになり、財界としても積極提案を平井知事にぶつけてもらいたいものです。


東日本大震災に対応する第一次緊急提言―日本学術会議

カテゴリー: - katsumi @ 11時44分53秒

日本学術会議が被災者救援と原発事故へのたいおうについて緊急提言を発表しました。

紹介します→

先に18日に発表した同会議幹事会声明はこちらです→


原発の危険追求・吉井質問第二弾を紹介します

カテゴリー: - katsumi @ 11時33分56秒

原発の危険をくりかえし国会でとりあげてきている共産党の吉井英勝衆院議員。

 

2006年3月の質問を先に全文紹介しましたが、今日は昨年2010年5月26日衆院経済産業委員会での質問を紹介します。

 

安全・保安院院長・寺坂氏の答弁にも注目してください。

 

○吉井委員 日本共産党の吉井英勝です。
 私は、最初にきょうは、電力会社の鉄塔倒壊事故の最近の状況、これが一体どうなっているのかということから伺っておきたいと思います。
○寺坂政府参考人 お答え申し上げます。
 最近ということでございますので、平成十二年度から二十一年度までの鉄塔倒壊の事故、電気事業法に基づきます電気事故報告を受けているものでございますけれども、全部で六件ございまして、一番最近におきましては、関西電力、二〇〇八年の九月十五日に美浜におきまして鉄塔の上部折損、そういった事故が起こってございます。
○吉井委員 鉄塔事故というと、普通の人は何か鉄塔がぶっ倒れただけの感じでとどまると思うんです。しかし問題は、例えば今おっしゃった美浜にしても、原発の送電鉄塔なんですね。これは、発電した電力を送る方と、原発が事故をやったときに、二次冷却系のポンプを回す電源として、外部電源が断たれてしまう、内部もアウトになりますと、自然崩壊熱を除去する二次系の冷却ポンプは動かなくなるんですね。これは単なる鉄塔事故にとどまらない深刻な問題を抱えているんだということを、普通の人はなかなかわかりにくい話なので、単なる事故かと思いますから、そういうことをやはりきちんとつかんでおく必要があると思うんです。
 二次冷却系ポンプを回す外部からの電源が失われることと、そのとき、大体今、日本では三系列の、自家発とバッテリーの、ディーゼルとバッテリーの系列で三系列ありますが、これは、中越沖地震のような巨大地震に直面したとき、自家発の電源も切断されて原発停止となった場合には、最悪で見ますとどういう事態が起こるとお考えなのかを伺います。
○寺坂政府参考人 原子力発電所の安全確保のために、今委員御指摘のような、外部電源の喪失、そういったことに伴います安全の確保というのは大変重要な課題でございまして、原子力発電所の場合、発電所のトラブルその他におきまして、発電がまず停止をするということが重要でございますけれども、停止した後、その崩壊熱と呼んでおります、引き続き熱エネルギーを発生してございますので、これを冷却していくということが大切なことでございます。
 そういったことで、電源が確保されることによりまして崩壊熱の冷却機能というものが確保されるということが大事でございまして、各発電所におきましては、非常用の電源装置、そういったものを複数用意することによりまして、あるいはそれ以外の要素もございますけれども、そういったことによりまして冷却機能というものが継続的に動くことが大切なポイントであるというふうに理解をしてございます。
○吉井委員 ですから、まず鉄塔が倒れたら、これはもう完全に、さっきもおっしゃった事故の中には、二〇〇五年の石川県羽咋市で地すべりによる鉄塔倒壊、これは、地震等によれば当然地すべりどころの話じゃなくなるんですが、外部電源がまず断たれる。内部電源はどうかという点では、これは以前取り上げたこともありますが、二〇〇六年の七月に、スウェーデンのフォルスマルク原発一号機では、安全系の内部電源四系列のうちの二系列の事故で、四系列すべて電源喪失につながる事故がありました。
 つまり、内外の例から見ると、やはり最悪の場合を想定しなきゃいけないんですね。ですから、自然崩壊熱が除去できなくなる、それは炉心溶融にも至り得る大変深刻な事態を考えておかなきゃならないということだと思うんですが、どうですか。
○寺坂政府参考人 まず、先ほど委員御指摘になられました北陸電力の、羽咋市での鉄塔の倒壊事故でございますけれども、平成十七年の四月一日に発生してございます。
 それで、この鉄塔自身の復旧と建て直しまでには約十四カ月を要したものでございますけれども、同時に、並行して作業をしてございました別の幹線がございまして、これは約三週間後の四月二十二日に運用を開始してございます。
 それ以前に、倒壊した直後、これは原子力発電所が安全に停止をしたところでございまして、それで、御案内のとおり、電力といいますか、送電線、いろいろなところでつながっているわけでございますので、そういった意味で、北陸電力の場合におきましても、外部電源の喪失、そういう事態にはならなかったということでございます。
 ただ、いずれにいたしましても、これは今の事例でございますけれども、原子力施設を設計する場合に、放射性物質の閉じ込めのために、多重性それから独立性を有します非常用の所内電源を備える、そういったことなどの多重防護の考え方というものは極めて重要でございまして、日本の原子力発電所におきましては、今申し上げましたような多重防護の考え方に基づいた設計がなされまして、それによって安全性を確保しているというところでございます。(吉井委員「最悪の場合は炉心溶融ですね、最悪のとき」と呼ぶ)
 最悪といいますか、そもそもそういった事態が起こらないように工学上の設計、ほとんどもうそういったことはあり得ないだろうというぐらいまでの安全設計をしているところでございますけれども、ゼロじゃないという意味の論理的な世界におきまして、外部電源がすべて喪失されて、今、非常用の所内電源、ディーゼル発電機の話を申し上げましたけれども、隣の発電所からの電源融通もできないとか、いろいろな悪い事態というものが、非常に小さい確率ながらも一つ一つ、その小さい確率のものが全部実現をして、それで外部電源が全部喪失されて冷却機能が失われるということになりますと、もちろんその時間によるわけでございますけれども、長時間にわたりますと炉心溶融とかそういったことにつながるというのは、論理的には考え得る、そういうものでございます。
○吉井委員 これは、論理的な、頭の体操の話じゃなしに、現実に、志賀原発の場合には送電鉄塔の倒壊で、これは地震じゃなくて地すべりだけだったんですね、しかし、たまたまここは、おっしゃったように二系列目を建設中だったから送れたけれどもということですが、それにしても、一基倒壊、五基損壊で、他の電源で停電を解決するまでに十万九千二百世帯が八分間停電。原発そのものについては、原発で起こした電力を供給できるようになるまでは、皆さんの方からいただいた資料で四十二日間かかった、今、十四カ月というお話でしたけれども、これは最短の回復の方の話ですが、かかったということも、あらかじめ資料をいただいております。
 東京電力の方も、茨城県の潮来、鹿嶋の送電鉄塔が倒壊しましたが、これは、回復するまで、修復するまで何日かかっていますか。
○寺坂政府参考人 お答え申し上げます。
 ただいま委員御指摘の東京電力の鉄塔の倒壊事故は平成十四年十月のものだというふうに理解してございますけれども、これは台風による暴風雨でございます。
 それで、十月の一日にその倒壊事故が発生いたしまして、本復旧をいたしましたのは、平成十五年、翌年の六月二十一日、あるいは二十五日でございます。その前に仮復旧をしてございまして、仮復旧したのが、平成十四年、事故の発生した年の十一月二十五日でございますから、二カ月弱で仮復旧して送電ができるようになったということでございます。
○吉井委員 今お話ありましたように、要するに、東京電力の復旧までには八カ月と三週間かかっておるんです。
 それで、単なる外部電源が失われた場合を頭の体操で考えるだけじゃなしに、現実に起こっているということをまず考えなきゃいけない。それから、内部電源が失われたという例はフォルスマルク原発の例など現実にあるんだということを想定して考えていかなきゃいけないというのが、まず、これは頭の体操じゃなくて、現実の問題だということを踏まえておく必要があると思うんです。
 巨大な地震が起こりますと、今のようなことが同時に発生することが起こり得るわけですね。それで、地震や地すべりや落雷により、送電線が故障して原発の電力が供給できなくなった例の方もまたあるわけですね。供給側がうまくいかない。逆に、二次冷却水ポンプ用の外部電源が給電できなかった例もあるわけですが、具体の事例、おわかりだったらお聞かせいただきたいと思います。
○寺坂政府参考人 まず、原子力発電所の供給ができなくなったといいますか、正確に言うと、送電線が使えなくなったということでございますけれども、先ほどの北陸電力のケースは、一号機でございますけれども、発電所そのものが停止いたしましたので、それ自身が供給が、送電ができなくなったということはないと思います。
 一番最初に申し上げました美浜のケース、これは美浜の原子力発電所からつながっているものでございますので、これはある種、瞬間的にといいますか、原子力発電所の電力が送電はできなくなったということだと理解してございます。
○吉井委員 これは例えば、かつてありましたが、京都市内のような需要地で、落雷等で比較的大規模に停電が起こる。そうすると、需要地がとまってしまうために供給できなくなって、原子炉をとめる、そういう問題が出てきたりとか、そういう例は随分ありますから、やはり巨大な地震で停止したときに、自家発電や外部電源の喪失で二次冷却系が機能しなくなって炉心溶融に至ったときにはどれだけの規模の被害が発生するのか、こういうことを検討しておくことが必要だと思うんです。
 この点では、一九五九年には原子力産業会議が、国の委託調査で、東海村の原発で炉心溶融のような深刻な事態を想定して、チェルノブイリ事故の三分の一の放射線の放出量を見て損害の試算をやっています。当時の国家予算の金額にして二倍、死者は七百二十人を超え、五千人が障害を起こし、四百万人が被曝手帳をもらうことになるだろうというふうに試算をしておりますが、大臣はこの当時の国の委託調査のことを御存じでしょうか、伺っておきます。
○直嶋国務大臣 いろいろな調査があることは聞いていますが、今御指摘の調査については、私はまだ確認をしておりません。
○吉井委員 これは、国が一九五九年に委託して、原子力産業会議、原子力産業会議は名前が最近ではちょっと変わっていますけれども、いずれにしても、経済界、原発メーカーの方たちが中心になってやっているところへ委託調査をして、そしてそういう報告を出していて、この試算の手法というのは今日でも非常に有効だと。これは、もう数年前になりますが、有馬科学技術庁長官も、今で言う文部科学大臣ですね、あの人が評価をしておられた試算です。
 さて、次に伺っておきたいのは、中国の四川省で二〇〇八年五月十二日に大規模な地震がありましたが、あれから二年たちました。仮に、中国、韓国、北朝鮮や東南アジアなどの原発で炉心溶融のような事故が発生した場合に日本への影響はどうなるのかということについては、これは現実的な検討というものをやはりやっておかなきゃいけないと思うんです。
 日本学術会議は、ことし二月二十五日に、黄砂・越境大気汚染物質の地球規模循環の解明とその影響対策についてという報告書をまとめています。どこで発生し、日本にどういう経過でやってきて、どういう影響が出るのかということについて、この内容を簡潔に伺っておきたいと思います。
○泉政府参考人 お答え申し上げます。
 今委員御指摘の日本学術会議の報告書につきましては、黄砂あるいは越境大気汚染物質の地球規模循環の解明、その影響対策ということで、こういったものが、黄砂やあるいは大気汚染物質が地球規模で輸送、拡散することを認識する必要があり、中国、モンゴルの発生源からの黄砂は、偏西風に乗って、日本、太平洋等を越えて大気の大循環として地球規模で回遊するというようなことを念頭に置いて、そういった事例があるというふうなことを報告している内容というふうに承知しているところであります。
○吉井委員 これは、アメリカ、ヨーロッパを越えて、さらに中央アジアを経て、中国、日本へまた戻ってくる、それが大気循環だということで、季節によって偏西風というのは変わるわけですね。中央アジアを通るときもあれば、季節によっては、中央アジアのあたりはもう少し北の方へ寄ったところを偏西風が流れるとか、そういうことも報告としてあるわけです。
 ここで伺っておきますが、核関連動態監視のためのSAR画像解析判断技術の調査研究を初めとして情報収集衛星に随分予算を投じてきているわけですが、地上におけるCTBTの放射性核種の監視観測所のデータと突き合わせて、衛星からの放射性同位元素の分析により、国内はもとより外国の原発事故の状況や、本当は、事故が起こってからの話よりも、事故が起こる前の予兆を測定して対応するということは、これは衛星を使っている時代ですから非常に意味があることだと思うんです。
 もちろん、その中には、宇宙からの放射線の分を取るとか、データについてはその分の較正、補正をしなければなりませんが、そういう測定、評価をするということは、衛星が非常に大事な役割を果たし得るところだと私は考えているんです。
 現状はどの程度、原発事故やあるいはその予兆に当たるものを把握しているのか、伺います。
○小野政府参考人 お答え申し上げます。
 情報収集衛星のレーダー衛星におきまして、今お話ございましたSARという技術を活用しております。これは、衛星の方から電磁波を地上に向けてぶつけまして、その電磁波のはね返った波を計測するという形で運用するのがレーダー衛星の手法でございます。
 これは、あくまでも地表面の変化というものを見るものでございまして、大気につきましては透過してしまうということでございますので、今御指摘のような放射能等につきまして検知するということはできないというふうに御理解いただきたいと思います。
○吉井委員 内閣官房でも文科省でもいいんですけれども、要するに、いっぱい人工衛星を打ち上げているわけですよ、観測衛星や情報衛星を。その中で、日本はもとより世界各地の原発の事故も、はっきりした事故になれば航空写真でも簡単な話なんですが、放射線の漏れ出しているものを早期に確認して、その波長を合わすとか、それで同位体の検出が理論的には可能な話なんですが、そういう手法をとって、原発事故なり予兆なりを衛星を使って測定しているのかどうか、それを伺います。
○藤木政府参考人 お答え申し上げます。
 御指摘のような、放射線の漏れ等を検知して、衛星からそれを事前に調査することによりましてその状況を把握するといったことにつきましては、少なくとも国内ではそういった試験なり研究なりはされておりません。
 諸外国においてそういう研究開発がなされているかどうかについては、詳細を承知しておりませんけれども、一九八六年のチェルノブイリの事故のときには、あれは火災が検知されて、その火災自体は衛星からの情報であったというふうには承知しております。
○吉井委員 この機会に伺っておきますが、国から民間にH2Aの移管をした後、情報収集衛星光学三号として打ち上げたH2A十六号機の経費は九十四億二千万円というふうに内閣官房から示されております。
 文科省に伺っておきますが、同じ民間に移管された後、十七号機、十八号機の打ち上げ費用は幾らであったのかを伺います。
○藤木政府参考人 お答え申し上げます。
 ただいまH2Aロケットの製造等に関する契約価格ということでお尋ねがございました。
 H2Aロケットにつきましては、平成十九年三月以降の打ち上げに関しましては、技術移転を受けた企業が、その製造、打ち上げ受注等を行うという体制になってございます。
 このため、御案内と思いますけれども、世界には大変多くの打ち上げ用ロケットがございますし、それらが激しい国際競争のもとで打ち上げ受注を競っているという状況でございますので、そういった契約価格に関する情報というのが公表された場合には、そういった受注にかかわる交渉、日本のロケットが実際使われるかどうかという交渉に影響を及ぼすということがございまして、外国ロケットとの間の国際競争力に悪影響が及ぶというおそれがあるために公表させていただいておりません。
 なお、ロケット製造等に関する契約価格については、諸外国においてもこれは公表されていないというふうに承知しておりますので、その点御理解賜ればと思います。よろしくお願いいたします。
○吉井委員 内閣府の方は移管後も公表しているんです。文部省の方は秘密扱い。しかし、これは国の技術の移転したものなんです。もともと国のものなんです。それが非公開扱いで国民には何もわからないというのは、一つ一つ、仕様が全部、注文が違うわけですから、違って当たり前なので、しかしそれもわからない。とんでもない話ですから、これは委員長にお願いしておきますが、やはりこういうものは公開させるようにしていただきたいと思います。
○東委員長 理事会で検討いたします。
○吉井委員 情報収集衛星など多額の経費を使って開発してきた衛星で、先ほど来のお話ですと、原発事故はもとより、原発事故の予兆となる放射性排気ガスの分析や掌握もできていないと。
 しかし、原発のトップセールスは今やっておるわけですよね。セールスをやるからには、過酷事故が発生した場合の日本への影響評価、これをやっておくのが私は当たり前だというふうに思うわけなんです。
 この機会に、そうしたら、チェルノブイリ事故の影響範囲、改めてその影響範囲と被害を伺っておきたいと思います。これは簡潔で結構です。
○泉政府参考人 当時、チェルノブイリ事故は一九八六年の四月に発生した事故でございますけれども、その後、一九八六年、昭和六十一年の六月六日に政府の放射能対策本部が発表いたしました、チェルノブイリ原発事故に起因する放射能の我が国への影響についてということで、ここにこの放射能対策本部の発表の資料がございますけれども、その時点までに行われた国内の放射能調査の結果からすると、我が国における放射能レベルは、高空浮遊じん、大気浮遊じん、雨水、水道水、牛乳、野菜等のすべての試料について漸減し、現時点ではソ連原発事故による放射能レベルは十分低い状況になっているというふうな記載がございます。
○吉井委員 それは大分遠いところの話のことなんですね。
 一九八六年八月にIAEAで非公開会議が開かれて、四万人を超える死者という推定値もあったんですが、IAEAの公式見解としては四千人の死者とされ、チェルノブイリから一千百キロ離れたスウェーデンのフォルスマルク原発のところで、これはこの原発とは違う放射性核種が確認されているんですね。つまり千百キロ離れたところでも影響は出ている。それで、二〇〇〇年の追悼集会での発表では、事故処理に当たった人たちで五万五千人の死者が出たということも公表されております。
 そこで、先日審議したJOGMEC法でも、カザフスタンのウラン鉱開発、製錬から原発まで取り組むということにしているんですが、もともとあの地域はプレートのぶつかり合う中でヒマラヤ山脈ができていったところですし、地震もよくあるのが中央アジアなんですが、カザフで原発事故があったとき、黄砂のように、あるいは黄砂に付着して、偏西風に乗って日本へ放射性物質が飛んでくることは想定し得ることなんですが、放射性物質が付着した黄砂が家や車や畑の野菜に積もっても人体には大丈夫なんだと検証するものをきちんとやっておられるのかどうかを伺っておきます。
○泉政府参考人 例えば、諸外国で原子力発電所の事故等が生じた場合の放射性物質の我が国への影響といったようなことにつきましては、もとより、国民の安全、安心を確保する観点から、文部科学省では、都道府県と協力いたしまして、日本全国の環境放射能のモニタリングを行っているところでございまして、この際、例えば偏西風等の影響も含めた形での全国の放射能水準が把握されるということになりますので、万一、放射能の異常値が出た場合には、関係省庁と連携しながら、その原因あるいは異常値の人体への影響の程度把握、対応等を検討することにしておるということでございます。
○吉井委員 さっきも言いましたように、仮にカザフであれ中国であれ韓国であれ北朝鮮であれ、原発の炉心溶融が起こったときに、偏西風に乗って、例えば黄砂などに付着してやってきた場合は、黄砂の被害で車に随分積もったりした日があったのは我々経験済みなんですが、やはりきちんとアセスメントをやらないことには、簡単に原発をあっちゃこっちゃ売りに行ったらいいという話じゃないと思うんですよね。
 軽水炉による核兵器拡散の議論はこの間やりました。一方、アセスメント抜きに、トップセールスだということで簡単にやったら、売った先で事故があったときに日本にはね返ってくる話なんです。
 これは大臣に伺っておきたいんですが、売り込んだ先の技術水準のいかんにかかわらず、原発というものには基本的に、炉心溶融にも至る危険が伴うんです。これは、スリーマイルの事故であれチェルノブイリであれ、アメリカでも旧ソ連でもそういう事故をやっているわけですが、その危険を伴う中で、日本への影響を、やはりきちんとアセスメントをやって、考えて臨むというふうにしなかったら、それを考えないでトップセールスをやるというのは、私はこれは大分問題があると思うんですが、大臣はそういう検討をした上でトップセールスをやられたのかどうかを伺います。
○直嶋国務大臣 吉井先生御指摘の点は、問題提起としてお伺いはしておきたいと思いますが、現在我が国が原子力発電施設を輸出する相手方の国で事故が起こった際の影響については、経済産業省としてそういったアセスメントは行っておりません。
 一方で、諸外国において原子力発電を利用する場合には、各国が、それぞれの国がみずから安全の確保に万全を期するということは大前提になっております。
 したがいまして、我が国としても、原発の新規導入国と二国間の原子力協力協定を締結する際には、安全確保の取り組みを相手国に求めているところであります。例えば、御指摘のカザフスタンとの原子力協力協定の交渉に当たっても、我が国から原子力安全条約等の原子力安全四条約の締結を求め、カザフスタンはこれら四条約を締結した、そういう経緯もございます。
 また、同時に、原子力協力の一環として、さまざまな国に対して、人材育成や法制度整備に向けた原子力専門家の派遣や受け入れ、安全に関する情報提供などの協力を行っているところでありまして、さらに、諸外国が活用可能な原子力発電に係るIAEAの国際安全基準の策定活動等に我が国としても積極的に貢献をいたしているところでございます。
 したがいまして、基本的に今の枠組みは、それぞれが責任を持ってやる、そして間違いなくやれるように我々も協力支援をさせていただいているということでございます。
 学術レベルの研究はいろいろなものがあろうかと思うんですが、現状は、国際的にこういう形で行っているということでございます。
○吉井委員 協定があれば安全が保たれるという話じゃないんです。技術の水準が問題になってくるんです。それから、原子力という技術そのものに、非常に危ない、もともと本質的な危険があるわけなんです。
 そのことを踏まえるならば、簡単に、アセスメントもやることなくどんどん売り込みに行くというやり方は、これはやはり改めなきゃいけないし、逆に、日本の持っているすぐれた技術の中の一つである再生可能エネルギー、この分野は随分たくさんあるわけですね。これは国際的にも爆発的普及を進めるということが大事ですから、そういう方面でこそ輸出等を考えていくべきである、このことを申し上げまして、時間が参りましたので質問を終わります。

 


東北情報―過去の大津波教訓に犠牲者なしの地区がありました

カテゴリー: - katsumi @ 11時28分11秒

38.2メートル大津波の教訓生かす 大船渡・綾里白浜」の表題で「河北新報」が伝えています。


東北情報―2年前に大津波の指摘を東電拒否

カテゴリー: - katsumi @ 11時20分19秒

福島民友新聞(ネット版)27日が「大津波、2年前に危険指摘 東電、想定変更せず」と伝えています。

記事は→こちら

「十分な情報がない」と拒否するのでは、何事も起こってみなければわからないので、何もしません、という科学研究否定のご都合主義がまかりとおる原子力業界、原子力行政の恐ろしさを実感します。


ガソリン不足のナゾ―回答がもう一つ増えました

カテゴリー: - katsumi @ 11時13分53秒

3月20日に、被災地のガソリンや灯油が不足しているのはなぜかの疑問に「しんぶん赤旗」記事に回答を見つけたと書き、記事全文を紹介しましたが、昨日26日付「しんぶん赤旗」にさらにもう一つの回答が載っていました。

 

これも全文紹介します。

 

大震災被災地
ガソリン不足 なぜ?
製油所・ローリー車 合理化で大幅減

——————————————————————————–

 東日本大震災の被災地でガソリンなどの石油製品の深刻な不足が起きています。背景に、供給を担う石油元売り会社が生産設備の削減・合理化を進めてきたことがあります。

 転機になったのは1996年。特定石油製品輸入暫定措置法(特石法)の廃止です。この法律は、ガソリン、軽油など石油製品の輸入業者に国内で石油精製施設を備えることを義務付けており、事実上、大手石油精製会社しか石油製品を輸入できませんでした。同法の廃止で、精製会社以外の商社なども輸入や国内販売ができるようになりました。

 ガソリン、軽油の輸入自由化により、石油業界は合併や経営統合など再編の動きが活発化。それに伴い、石油精製、元売り各社は、製油所など設備の削減も加速させました。95年当時、全国で44カ所あった製油所は、2011年には27カ所と4割も減少しました。石油製品を一時的に貯蔵する油槽所も93年の600カ所から04年には190カ所と3分の1以下に減少。タンクローリー車もこの4年で3割減っています。

 製油所の配置の偏りにも問題があります。東日本にある製油所は9カ所。そのうち大震災直後に6カ所が稼働を停止し、供給は大幅に細りました。現在は千葉、神奈川にある3カ所の製油所が生産を再開させています。東北6県の生産拠点となってきたJX日鉱日石エネルギー仙台製油所(宮城県)の稼働停止が決定的な打撃となりました。石油各社が大消費地である首都圏などに製油所を集中させてきた結果です。

 大規模災害時のバックアップ体制にも課題を残しています。95年の時点では日本海側にも製油所が5カ所ありましたが、現在は新潟県にある帝石頚城(くびき)製油所1カ所になっています。今回の大震災では太平洋岸の製油所が次々と操業停止に追い込まれ、それを日本海側の製油所でカバーすることはできませんでした。

 


56 queries. 0.248 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ