2007年3月31日(土曜日)

知的・道徳的退廃が支配する政権

カテゴリー: - katsumi @ 22時43分55秒

 安倍首相の暴走は、自民・公明政権の退廃の象徴だ。

 読売の世論調査で支持率を不支持率が上回り、すべての世論調査で不支持が支持を上回った。

 自民党内では、安倍は支持率30%でいい、やることをやると暴走する腹をきめたとみているとのこと。

 自身の行動に矛盾があろうがなかろうが、世論がどう流れようと、右翼勢力の思い通りに政治をすすめる腹だということだ。

 「わが亡き後に洪水は来たれ」の開き直りが、いま安倍の心境だということ。

 自民党内で安倍の危うさを危惧している勢力も巻き込んだ、国内での圧倒的多数派の結集と、米国内も視野に入れたアンチ「日本の国粋主義者」戦線ともいうべき国際的な力の結集が、安倍と国粋主義勢力の逆流を止める保障になるのだろう。

 こうした壮大なスケールのたたかいを組み立てていく腹で、望もうではないか。

 


従軍慰安婦問題

カテゴリー: - katsumi @ 21時26分43秒

 今日の「しんぶん赤旗」はカナダ下院小委員会が日本政府に対し「従軍慰安婦」の被害者への公式謝罪と賠償を求める動議を採択したことを報じた。→こちら

 ドイツ紙・南ドイツ新聞では、安倍首相の姿勢を批判し、日本外交の孤立化を指摘する北京特派員の論評を紹介。→こちら

 また、今日の「しんぶん赤旗」は、河野談話の主役である河野洋平衆院議長が、河野談話の見直しを求める論議について「騒ぐのは知的に誠実ではない」、「(政府が聞き取り調査した)慰安婦だった人たちの話は信頼するに十分足りる。どなたが何を言おうと問題ない」、「(裏づける資料がないことを理由に疑問を呈する声に対し)この一点をとりあげて、従軍慰安婦自体がなかったと言わんばかりの議論は変だ」と指摘していることを紹介。


2007年3月30日(金曜日)

「週刊明るい岩美」作成

カテゴリー: - katsumi @ 23時24分53秒

 昨日とりかかった「週刊明るい岩美」4月1日号を今夜仕上げ、印刷。

 昨日は中途で急用が入り、中座。

 今晩知事候補事務所で仕上げ。

 


従軍慰安婦問題

カテゴリー: - katsumi @ 11時07分16秒

 英国の雑誌「エコノミスト」は安倍首相の言動が北朝鮮を道徳的な高みに立つのを許したとして、安倍首相の「無能」を指摘。 内外のきびしい批判をものともせず、安倍首相は、憲法改悪と歴史認識問題で、右翼タカ派思想を政治の舞台でつらぬく構えのようだ。 この暴挙を絶対に許してはならない。

 今日の「しんぶん赤旗」は見逃せない。→こちらをどうぞ こちらも 外国の反応はこちら


いっせい地方選挙前半戦のヤマ県議選

 今日から県議選。

 いっせい地方選のヤマ。

 投票日含め10日間の激戦の火ぶたが間もなく切られる。


2007年3月29日(木曜日)

3人目の県議候補

 昨日書いた3人目の県議候補―岩見ゆきのりさん。

 鳥取東高‐鳥取大学農学部卒業。45歳。鳥取民報記者。


政見放送への反応続く

 明るい会の女性候補の政見放送に、今日も声がよせられた。
 鳥取市のある高齢の女性のところに、これまで自民党のごりごりな人から、「女性候補の話が本当によかった、こんな人に知事になってもらったら、鳥取県が変わる、ぜひがんばってほしい」と声が寄せられた。
今日から西部地区に入っている候補に、携帯でこの話を伝えた。
 候補も今日から演説を変え、気持ちを新鮮に、がんばっている。
 明るい会の確認団体カーにも、手をふったりの反応があると、運行した人に聞いた。


2007年3月28日(水曜日)

野のスミレ

カテゴリー: - katsumi @ 23時05分38秒

 今朝県道沿いの山際で咲いている野スミレに気づいて撮った。

 ばたばたと日を過ごしている此の頃だから、気づくのがおそかった。

 すでにしおれている花びらもあった。

 私の好きな春の花の一つ。


政見放送始まる

 今朝から知事選の政見放送が始まった。

 放送開始から間もない時間に、選挙事務所に30代と思われる女性から電話。

 女性候補の「政見を聞いて感動しました。がんばってと伝えてください」と。

 候補者自身の訴えを伝える手段が、街頭演説、個人演説会、今回から始まったいわゆるマニフェストビラ(A4版裏表のスペースに限られ、活用方法は国政の個人ビラと同じで、街頭演説の聴衆への手渡し、個人演説会の会場内で、選挙事務所に来た人、新聞折込と制限が大きい)と限られている中で、政見放送は有効な手段の一つ。

 それも判断のための情報をできるだけたくさん提供するつもりなら、毎日朝昼晩と流してもいいぐらいだ。

 2人だから1回が12〜3分を要するだけで、スポーツ放送など時間延長をするぐらいなのだから、ほんらいならやるべきだと思う。

 それはさておき、多くの人に政見放送を見てほしい。

 今後の放送の時間は次のようになっている。

 3月29日:日本海テレビ(午前9時55分〜平井・山内の順)  

 3月30日:NHKラジオ(午後9時30分〜山内・平井の順) 

 3月31日:山陰中央テレビ(午前10時15分〜山内・平井の順)  

 3月31日:山陰放送ラジオ(午後6時15分〜平井・山内の順)

 4月3日:山陰放送テレビ(午前10時15分〜平井・山内の順)

 4月4日:NHKラジオ(午前7時20分〜山内・平井の順)

 4月5日:NHKテレビ(午後6時40分〜山内・平井の順)

 


3人目の県議候補

 鳥取県委員会は、党公認の3人目の県議候補を発表。
 私の住む岩美町出身で鳥取東高・鳥取大学農学部卒、現在鳥取民報記者をつとめている岩見幸徳さん。
 彼が現在住んでいるのは鳥取市だが、立候補する選挙区は東伯郡区。
 このままでは東伯郡区は3期連続無投票になってしまう、共産党立候補してくれという有権者の声がよせられていた。
 これに応えて立候補の検討をすすめてきたが、地元で擁立できない事情のなかで、鳥取、米子、中部地区と県内3地区でオール与党県議会に立ち向かうことが党の責任を果たす方向だと、彼が決意した。
 農学部出身、民報記者として培ってきた日本農業への問題意識を、鳥取県農業の中心地である東伯郡で、語っていきたいと決意している。
 有権者の歓迎、マスコミも歓迎の記事を掲載している。


ソメイヨシノと山桜

カテゴリー: - katsumi @ 08時40分38秒

 桜も種類によって開花時期がずいぶんとちがう。

 早い山桜でも、わが家の畑の隅に植えている2本は、先日から咲き始めたものと、先に出る葉もまだのものとある。

 ソメイヨシノがわが地区でも開き始めた。これが県道路沿いの一本。

 私の集落にある瑞泉寺のソメイヨシノは、県道路より少し高台にあるためか、まだ蕾がかたい。

 左が山桜、右がソメイヨシノ。


2007年3月27日(火曜日)

ミツマタの花

カテゴリー: - katsumi @ 08時22分47秒

今朝、ミツマタの花の黄色に惹かれてパチリ。

スイセンの花があちこちで見られるようになって、ミツマタの黄色の美しさにあらためて気づいた。

焦点が少しずれたのが残念だが…。


2007年3月26日(月曜日)

合同討論会終わる

 知事候補の2人が合同でおこなうスタイルの討論会本番の日。午後7時から70分ほどで終了。

 多弁だが抽象的なことしか語らない男性候補にたいし、「明るい民主県政をつくる会」の女性候補は、具体的な政策を短い言葉で語った。

 対比が鮮やかで、県民のために何をやろうとしているのか、どうすれば実行できるのか、これを端的に語った女性候補の言葉は、聴衆の耳には残っているのではないか。


今朝のうれしいこと3つ

カテゴリー: - katsumi @ 22時09分02秒

 今朝はうれしいことが3つあった。

 母の主治医であった医療生協のドクターと出会ったこと。

 ドクターは、昨年中途から病気治療のため県外に出ていたが、昨年末に帰ってきたとのことで、病後とは思えないほど元気そうな体つき、顔つきだった。

 この間施設に入っていたお母さんも、先週に帰宅して見ているとのことだった。

 岩美町内で毎年一番初めに開花すると、私が長年の経験から思っているソメイヨシノが、開花をはじめていた。

 それは網代神社の石段の上がり口に植わっているものだ。

 もうひとつは、首をまっすぐにのばして、田んぼのなかに屹立しているキジを見たこと。

 咲き始めた菜の花と、キジのすっきりとした立ち姿が、いつのころからか、私にとっての春のイメージの一つとなっている。


我が家のスイセンも開き始めた

カテゴリー: - katsumi @ 21時56分50秒

 我が家の花壇のらっぱスイセンも開き始めた。


2007年3月25日(日曜日)

アンケート回答終了

 選挙の論戦の悩みの一つはマスコミなどのアンケート。

 少ないスタッフでの対応なので、出す側は1人・1者でも書く側の量は何人分にもなる。

 質問も同じように見えても微妙に質問者の意図が違うことが多く、質問項目としては相当なものになる。

 いつの選挙でも苦労するが、知事選のアンケートは先ほど事実上最後となるある団体への回答をメールでおくって終了。

 


合同討論会の日程と質問内容

 青年会議所有志の企画・よびかけによる知事選2候補の合同討論会の日程が確定。

 26日午後7時〜9時、会場は鳥取市民会館。

 昨日、企画者から次のような質問内容が示された。回答時間はすべて5分間。

 共通の質問→●片山県政の継承すべき点と継承しない点について。●現在の地方分権についての考えと、道州制についての考え。●自立した鳥取県の姿とは。●「最後に一言」という項目があったので、私から「自分のマニフェストの特徴について語る」という質問にしてはどうか、と提案した―相手陣営にも話してみるということになっている。

 明るい民主県政をつくる会の女性候補に対する質問→●大企業への巨額補助金の廃止、特別医療費助成の切り下げ計画の中止、知事の退職金廃止等について。●地域で取り組む介護予防について、障害者自立支援法による助成について。●子どもの医療費を無料にし、小学校卒業まで広げることや30人学級を中学までひろげることについて。●米子空港滑走路延長事業の中止、耐震化など学校施設整備の推進について。

 自民党・公明党推薦の前副知事→●“元気な産業、しっかり雇用”について。●“人間第一 環境日本一”について。●“学び育み 輝く文化”について。●“安全・安心 いきいき地域”について。

 質問をみれば、マニフェストの内容が具体的な候補と抽象的スローガンをかかげた候補の違いが、一目瞭然だ。

 


白い椿

カテゴリー: - katsumi @ 09時00分08秒

 庭の白い椿が咲いているのに気づいて撮影。

 数年前に藪状態になっているのを整理して発見した椿だ。

 


杏の花が開花

カテゴリー: - katsumi @ 08時54分56秒

息子が小学校卒業記念に学校からいただいた杏の花が咲いた。


2007年3月24日(土曜日)

春祭り

カテゴリー: - katsumi @ 23時17分31秒

 池谷集落の氏神さんは3月29日が春祭り。

 ここ20年ほど前から3月29日以前でいちばん近い日曜日が春祭り当日で、前日の夜7時から宵祭りとして、部落公民館で神官さんを招いて古式にのっとり神事をとりおこなっている。

 今日はその宵祭りで、知事選の忙しい最中であったが、日程調整して出席し、神社総代としての役目も果たした。

 恒例の宴会も楽しみ、その中で知事選の情報も提供し、支持の表明もいただいた。

写真は最後に残った面々。私は来年の添番がまわってきた。

 

 


56 queries. 0.236 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ