2017年5月24日(水曜日)

ギックリ腰やってしまいました

カテゴリー: - katsumi @ 20時42分35秒

 日課のラジオ体操の2番の背筋を伸ばして腕をふりあげる最中に、ぎっくり腰がきました。
 一昨日の田んぼでの作業で昨日浅以上に筋肉の硬さを実感した今朝だったのですが、体操でほぐしてやろうと挑戦中の出来事でした。
 おかげで共謀罪衆院強行採決に抗議の街頭宣伝ができませんでした。
 早く治して、安倍打倒に向け頑張りたいです。


2017年1月4日(水曜日)

高齢者の死

カテゴリー: - katsumi @ 09時30分47秒

 昨日はわが集落の区長のお母さんが死去しました。
 満79歳でした。
 昨日の朝は、緊急の役員会を開き、昨日予定の初寄合・新年会の運営について協議しました。
 寄合は予定どうりにすすめ、酒の入る新年会は中止しました。
 三ヵ日に死去の例はこれまでなかったものです。
 集落の人口が一人減りました。
 家族の寂しさだけではなく、晩秋まで農作業する姿を見ていた集落のみんなにとっても、さびしいものです。


2016年10月21日(金曜日)

その後に大きな地震

カテゴリー: - katsumi @ 22時00分54秒

 12時過ぎの地震のあと、2時過ぎに私がいる2階が大きな横揺れに襲われました。
 阪神淡路大震災のときより揺れの時間が長く、揺れの大きさも上回っていました。
 阪神淡路大震災のときが震度4でしたから、これは5ぐらいかな、他所が震源地だったらかなりの規模の地震だなと思いました。
 母を外に連れ出し、しばらく後でラジオ放送で確認したら、県中部が震源地であることがわかりました。
 案の定、倉吉を中心にかなりの被害がでていました。
 地震学者の言によれば、昨年後半以降の中部での地震が、今日の地震の前触れだそうです。
 県東部に存在が確認されている活断層に連動しないことを祈るばかりです。


地震

カテゴリー: - katsumi @ 12時16分03秒

 数分前に地震の揺れがありました。
 ニュースが報道しました。
 鳥取県中部が震源、震度4、県東部で3と発表しました。
 私の体感も3位でした。


脱穀作業終了

カテゴリー: - katsumi @ 09時51分47秒

 昨日の午後、夫婦2人で天日干しのコシヒカリの脱穀作業をしました。
 泥のついた稲束がかなりありましたので、埃にまみれた作業となりました。
 倒伏して芽を出した稲穂がけっこうあったのですが、用意した袋が足りなくなり追加しました。
 籾の量としては過去最高でした。
 倒伏していなければ、文句なしに過去最高の収量になったでしょう。
 量は多かったのですが、稲刈りの適期が平年より早かったのに対応できなかったこと、雨のために刈り始めから終わりまでに9日間も要したことで過乾燥になっていることなどで、おそらく味はあまりよくないことでしょう。


2016年8月17日(水曜日)

古希記念同窓会に出席

カテゴリー: - katsumi @ 08時00分04秒

 昨日16日は岩美中学校昭和38年卒業「古希記念」同窓会に出席しました。
 490名余の卒業生のうち83名が出席。
 10年前に初めて開催しましたが、その時に出席していただいた恩師3名のうち、一昨年、昨年とお二人が亡くなられました。
 10年前には出会えなかった懐かしい顔にも出合うことができました。
 世話人のみなさん、ほんとうにお世話様でした。
 町内在住の人だけでなく、県外に住んでいる人からも、私の朝のあいさつ行動について激励してくれました。
 続けているといつか出会うものですね。
 共産党への期待と激励の声を、初めてかけてくれた同級生もありました。
 
 


2016年8月15日(月曜日)

モグラと競い合い

カテゴリー: - katsumi @ 18時09分23秒

 先日たんぼを見回って水音をたてて排水路に漏れている箇所が2ヵ所あり、漏れを防ぐ手立てを施したのですが、そのうちの1ヵ所は効き目がなかったようで、依然として同じように漏れていることに昨日きずきました。
 今日午後に行ってみると、さらに別の場所2ヵ所で水音があがるほど漏れています。
 水脈をたどってみると、以前にはなかったような長いトンネルが、畔を縦断して伸びています。
 一昨年、昨年と丈夫な畔シートを施して、完全に漏れを防いでいたのですが、モグラも学習してきたものか、どこかわからないのですが、深い位置に穴を掘り、さらに畔のトンネルは横断ではなく縦断させているのです。
 畔の漏水の始まりを止めたいのですが、これでは漏水の取水口がどこか、簡単にはわかりません。


2016年5月5日(木曜日)

春の農作業第2弾

カテゴリー: - katsumi @ 19時33分36秒

 昨日は大阪から帰宅。直後に堰の共同作業。
 1時間ほどの作業ですが、水路は砂礫で埋まり、きつい仕事です。
 今日は、2日に刈った畔周辺の草と切った藁とを、田んぼ全体に撒いたあと、トラクターで耕耘しました。いわゆる一番鋤きです。


2016年5月2日(月曜日)

春の農作業

カテゴリー: - katsumi @ 12時45分36秒

 今日は周りの田んぼに一足遅れて農作業にかかっています。
 4月29日の地区敬老会のあとで、田んぼに放置している藁をカッターできざむ作業をするのが常なのですが、今年は翌30日に小池晃書記局長の演説会が米子、鳥取の2会場で行ったため、警備の準備で敬老会も中途で失礼しました。
 夕方に大阪の息子親子のところに出かけることにしたものですから、朝宣伝も休んで朝から草刈りを2時間近くかけて終了させ、休憩・食事後には藁切りにかかりました。
 いま昼休憩です。
 


2016年2月22日(月曜日)

いきている限り現役で、卒寿を超えて現役が目標

カテゴリー: - katsumi @ 23時53分30秒

 大言壮語と思われそうなタイトルを書きました。
 それにはもちろんわけがあるのです。
 昨年春以来、襲われた病魔とたたかってきた息子の妻が、たたかい抜いて若い人生を終えました。
 2月9日に、たたかいの炎も潰えてしまいました。
 年を超えることもおぼつかないという医師の言をのり越え、がんばりぬいたたたかいでした。
 残された息子と2人の幼子といっしょに、心身の元気を保っていこう―これが昨年来の私の決意です。
 体力づくりや健康保持の日々の努力も、それ以来気持ちを新たにとりくんでいます。
 幼子は小1と3歳。
 これから20年生きても、幼子は二十歳過ぎです。
 20年後の二十歳の青年と対話ができる人間でいられるのか、それに心身ともに挑戦しよう、これがいまの決意です。
 
 


2015年9月30日(水曜日)

血圧を下げる運動の成果かも?

カテゴリー: - katsumi @ 07時29分20秒

 昨日は母の診察日だったので、鳥取生協病院に送り迎えをしました。
 迎えにいったとき、診察終了まで時間が少しあったものですから、待合で血圧を計ってみました。
 最高血圧は135、137、最低血圧が85、84と正常値を示していました。
 この数年来、血圧が高いと言われてきたため、昨年の晩秋から、血圧を下げる運動に取り組んでいますが、その成果がこの数字ならうれしいのですが。
 


2015年9月21日(月曜日)

稲刈り

カテゴリー: - katsumi @ 17時54分58秒

 我が家の小さな田んぼの稲刈りが終わりました。
 刈り時には、天候不順と戦争法阻止のたたかいで、田んぼに入ることままならず、16日議会終了後のわずかな時間に稲木をたてる場所をとりあえず確保し、完了を今日まで持ち越していました。
 


2015年5月21日(木曜日)

田植え完了

カテゴリー: - katsumi @ 09時07分42秒

 昨日田植えが終わりました。
 私の農作業にはいつもアクシデントがつきもので、今年も例にもれず起こりました。
 いつものように、植える前に苗箱にイモチ病予防の薬剤を散布しようと田んぼに行くと、何ということでしょう、水があふれるばかりになっているのです
 田植えをするには水が多すぎるので、前日は水を落していい具合になっていたのですが、逆に満杯になっています。
 調べてみると、隣の田んぼの水が畔の底から3ヵ所もどんどん湧いているのです。
 昨年までは1度もなかったことです。
 モグラの仕業です。
 それを止めてから、あらためて畔を切り水を落し、作業を午後に延期しました。
 田植え機を昨年までの2条植えから4条植えに変えたことで、作業効率が上がりました。
 使い慣れていないため、身体は予想以上に疲れたようで、夜はパソコンに向かったまま椅子に背をもたせて眠ってしまいました。


2015年5月20日(水曜日)

今日は田植え

カテゴリー: - katsumi @ 07時51分56秒

 今日は田植えをします。
 その段取りのために、朝宣伝は休みました。


2015年5月17日(日曜日)

田植えの準備完了

カテゴリー: - katsumi @ 15時48分50秒

 水曜日の田植えにむけた準備を完了しました。
 今朝は「しんぶん赤旗」を配達。
 朝食後に田んぼに出て除草剤を散布、畔の草刈り、代かき、トラクターの泥落とし、農協育苗センターから注文の苗を受け取り、帰宅したのが2時30分。
 代かきが上手くできたか、それが心配ですが、水が澄んでみれば結果は判明します。さて…。
 夕方には戦争立法反対の街宣にでます。


2015年5月13日(水曜日)

畔シート作業

カテゴリー: - katsumi @ 21時58分38秒

 田んぼの水位が上がっていました。
 雨も降っていない、取水口は止めてある、にもかかわらず、なぜ?
 役場でのメンタルヘルス後援が終わってから調べて、わかりました。
 用水路を途中でせき止めている物があり、そのために水路からあふれた水が入ったということ。
 せき止めた犯人は取水口に止水の板とともに置いていた肥料袋が、水の勢いに押されて位置を離れ田んぼへの進入路の下を通る暗渠に詰まっていたことがわかりました。
 その後で畔シートを配置する作業をおこない、ほぼ水漏れがない状態をつくりました。
 この状態を維持し、今後は代かきをしっかりやろうじゃないか。
 


2015年5月11日(月曜日)

メンタルヘルスの体験談要旨

カテゴリー: - katsumi @ 18時48分32秒

 13日に役場職員のみなさんを対象に、頭の切り替えができるようになった体験談を語ります。
 その語る内容のレジメを作成し、総務課に送りました。
 次のようなものです。

❛いつの間にか頭の切り替えができるようになった❜体験を語る
――すべてはトイレの「資本論」読みから始まった
2015年5月13日 田中克美

[はじめに] 職員のみなさんに体験を語ろうと思い立った理由
  ○ 誰でも“パニくる”ことはありうる
  ○ イメージトレーニングを続けることは難しい

[1]アドバイスした2つの事例
  ○ 毎日絵筆をとる時間をとろう
  ○ 車の中で歌をひたすら聞くことを繰り返そう

[2]トイレで「資本論」の通読に挑戦
  ○ 「資本論」学習の挫折経験と評論家・加藤周一さんの経験から考えたこと
  ○ 夫婦げんかの時でも「資本論」を手に取る

[3]頭の切り替えができるようになっていた
  ○ 3年たったころ、自分の変化を自覚
  ○ パ二くって逃避した学生時代

[4]集中力もついてきた
  ○ 切り替えと集中で、いくつかの課題を同時並行で考えることができる

[5]トイレ読書が「すきま活用」として生活の中で発展―さまざまなことに挑戦して人生を楽しむ
  ○ 「○○しながら」のトイレ読書は、生活の中の「すきま」を活用する方法
  ○ すきま活用術を身に着けることは、挑戦する前向きな生き方につながる

[6]“ながら族”が継続するコツ
  ○ うつ対策、気持ちを切り替えるイメージトレーニングが勧められているが、そのための特別の時間と訓練が必要で、実行はなかなか難しい
  ○ 私の方法は、うつ対策として即効性はないかもしれないが、好きなことをやり続けることなので、実行することが楽しみになる

[7]あたり前を積み重ねると特別になる


田んぼの保水力いい調子

カテゴリー: - katsumi @ 10時54分45秒

 昨日、8時間余をかけて田んぼに水を入れました。
 モグラの仕業で水漏れが多かった田んぼですが、今朝朝宣伝後でも水が保たれています。
 私にしては上出来です。


2015年5月5日(火曜日)

田んぼの準備―耕耘(こううん)

カテゴリー: - katsumi @ 21時42分00秒

 昨晩は事務所の当直。
 帰宅後にカットしたままの稲わらと先日刈った草を、できるだけ田んぼ全体にわたるよう作業しました。
 県道を通る軽トラの運転手がクラクションを鳴らしたので、誰かと思い顔を上げて見ると、名前も顔も知っている人なので手を上げ、作業の手を休めて降りてくるのを待ちました。
 ところが人違い。ある人に風貌も体型もよく似ているのですが、別人であることがわかりました。
 稲わらを散布している私に、稲わらを水入れ後に水面上に浮かせないための策を教えてくれました。
 夕方には田んぼをトラクターで耕しました。
 耕うん中には、鋤き方に助言してくれる人があり、素人百姓の私に気を使ってくれ、ありがたいことです。


2015年5月3日(日曜日)

田んぼの準備―草刈り

カテゴリー: - katsumi @ 14時22分11秒

 先日の稲藁切りに続く準備として、「赤旗」の早朝配達のあと、畔の残り全部と県道の斜面を半分の草刈りをやりました。
 稲わらの全部を田んぼに入れるわけではないので、勇気の不足分の補いとして、田んぼの周りの草をすき込むためでもあります。
 明日は川の水を引くための水路を掃除し堰を開けて通水する共同作業です。
 水を田んぼに入れることができるよう(田植えが他の人より遅い我が家にとっては水が水路を流れても困らないよう)、止水栓の取り付けもやりました。
 今年はこれまでにはなかった作業をやらなければならないことが、わかりました。
 イノシシが畔の一部を掘り崩しているため、畔の改修作業が必要です。


56 queries. 0.246 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ