2017年3月31日(金曜日)

駄洒落考

カテゴリー: - katsumi @ 12時06分13秒

 昨日、日本財団の補助による地域の施設の開所式に、町議会常任委員長ということで参加しました。
 岩常の農村サロンを訪問した後、網代のカフェ「なだばた」を会場に式典があり、試食もさせていただきました。
 網代ならではの新鮮な地物の海産物を主役にしたメニューで、なによりも新鮮さがウリです。
 それだけなら駄洒落考にはならないのですが、式典での平井伸治知事の来賓あいさつが肴です。
 あいさつの終わりに、「天はたなばた、地はなだばた」まではよかったのですが、「岩美町だけに、おいわみ申し上げます」としめくくりました。
 舌がもつれれば、「おみまい申し上げます」とか「おいやみ申し上げます」、「おくやみ申し上げます」となりかねません。
 現に、「おいやみ」と聞いた人がありました。
 駄洒落をさかんに売り込んでいる知事ですが、今回いただけない駄洒落になったのは、駄洒落を言ってやろうと構えて、無理にこじつけるからです。
 考えて発するのは洒落であって、オシャレで切れがよくなければ話になりません。
 洒落は傑作もあれば駄作もあるでしょう。
 しかし駄洒落はどこまでも「駄」洒落であって、うまいとか見事とかの喝采や「オヤジギャグ」というブーイングはおこっても、駄作という評価はあたりません。
 駄洒落はふっと浮かんだ言葉をそのまま口にするだけで、準備ノートなどあろうはずはありません。
 あらかじめ考えるものではないのです。
 
 知事の駄洒落についてひとしきり論じ合った帰りの車の中で、町長がある知事が短歌をいつでも披露するという話を紹介したのに、反応した私の駄洒落はつぎのようなものでした。駄洒落で他意は一切ありません。

 ○○知事が歌うのは短歌、町長が切るのはタンカ。

 お粗末でした。
 
 
  


2016年12月13日(火曜日)

前議長の突然の死

カテゴリー: - katsumi @ 23時24分07秒

 一昨日の日曜日、携帯に議会事務局からの電話が入っていました。
 日曜日に何だろう、と思っていたら、再度かかってきた内容は、2年前の改選時に勇退した津村忠彦さんの突然の訃報でした。
 私は、その前日の土曜日に、新聞を届け購読料もいただいた時に、ご本人にも奥さんにも出合い、言葉も交わしただけに、信じられない話でした。
 今日が葬儀・告別式でした。
 喪主のあいさつで知ったことは、大動脈がさけて出血多量による死亡ということでした。
 津村さんは今年72歳、在職中に亡くなった板倉さん、鈴木昇一も70歳でした。
 70歳前後は危険と隣り合わせの年代だということです。


2015年6月16日(火曜日)

ずいぶんと時が形化しました

カテゴリー: - katsumi @ 21時32分13秒

 ずいぶんの時間が過ぎました。
 7日からお留守になったのは、思い出してみると6月町議会の取り組みに時間も頭も費やしたため、ブログに向かう余裕がなかったことによります。
 戦争法案を取り上げた一般質問の準備作業で法案に立ちいって検討したり、意見書を議員提案議案として提出するための段取りにかかったり、鳥取市の中核市問題に関わって連携中枢都市圏構想について勉強したり―と、何かと忙しかったことがありました。
 戦争法案に関しては、取り組みや論戦の準備で得た成果を県党の他の議員に提供する作業もありました。
 こうした取り組みの成果はあったのですが、研究と情報提供が最優先で、ブログは最後の最後でした。
 


2015年5月22日(金曜日)

メンタルヘルス講演の反応

カテゴリー: - katsumi @ 23時25分47秒

 5月13日に町職員を対象におこなったメンタルヘルスについての体験談に対する反応を、今日初めて耳にすることができました。
 「面白かったです」という声でした。
 私は「あれは応用ができるからね」とこたえたのですが、面白かったという受け止めに、ものすごくうれしかったですし、「そうか、そう受け止めてくれたか、君はすごいね」と、実は言いたかったのです。
 生活のなかで応用できる道をさぐってくれることが、話した私の最大の希望なのです。
 続けるコツは、それはそれで話としてはあるのですが、努力ゼロでできることなどありはしません。
 私が提案していることは、あんたが好きなこと、やりたいことを、自身の一日の生活サイクルの中で必ずやることができる時間帯を見つけてください。
 その時間帯では必ず決めたことをやりましょう、ということなのです。


2015年3月15日(日曜日)

細かなことですが…

カテゴリー: - katsumi @ 10時28分42秒

 議案などの説明のなかで気になっている言葉の一つに、気配りが「こまかい」か「こまやか」か、というのがあります。
 いずれにも「細」という字をあてています。
 国語辞典をみましたら、「こまかい」は「細かい」で、「こまやか」は「濃やか」で、漢字がちがっていました。もっとも、いまパソコンで表示されたのでは「こまやか」は「濃やか」も「細やか」もどちらも使うようです。
 岩波の国語辞典第4版(昭和61年)には、「細やか」という表記は見当たりません。
 辞典の表現でくらべてみると、意味合いは若干違うようで、「こまやか」は心がこもっているさま、情けの厚いさま、とあります。だから、愛情は「濃やか」と「濃」の字が適切な感じがします。
 他方、「こまかい」の方は、行き届いて丁寧だとあります。心づかいは「細かい」をつかうというのは、わかります。


2014年6月26日(木曜日)

朝焼け

カテゴリー: - katsumi @ 05時02分02秒

目覚ましより早く目が覚めてしまいました。

 

窓の外は朝焼けです。

 

過去にいつ見たでしょう。

 

4:40分頃の撮影です。

 


2013年10月16日(水曜日)

迷惑メール

カテゴリー: - katsumi @ 21時29分50秒

通販らしき投稿者によるメールがしきりに入ってきます。

 

今日は午後から夜にかけて40件以上です。

 

これ、なんとか防止できませんでしょうか。

 

削除する時間がむだです。


2013年4月26日(金曜日)

大菩薩峠全20巻

カテゴリー: - katsumi @ 16時09分42秒

午後のすき間を利用して古本屋にでかけました。

 

目当ては中里介山の「大菩薩峠」全20巻です。

 

以前に20巻がそろっているのを目にしていたのですが、ネット販売との価格比較をしてからと、手を出すのを控えていました。

 

ネット検索してみるとどうも全巻そろうと万の単位になりそうで、見つけたものの方がはるかに買い得になりそうなので決断して購入しました。

 

時代小説をぼちぼちと古本で集めていて、その収集作業の一環なのです。

 

読みたいと思っているものは、数百冊にのぼりそうですが、いつかは読んでやろうと意気込んでいるところです。

 


2012年12月29日(土曜日)

プロフェッショナル

カテゴリー: - katsumi @ 23時37分30秒

遅い晩飯を食べながら「プロフェッショナルの流儀」特別編を見ました。

 

2012年のイチローの軌跡です。

 

野球選手であることを追い求めるイチローは常に人間としての自分の在り方を追求しているんだと受け止めました。

 

そのことがスランプを突破することに、結局はつながり、選手としての開眼にもつながっているのだと思いました。

 

プロフェッショナルとしてのひばりの姿勢と共通するものを、番組が描いたイチローに感じました。

 

 


2012年10月29日(月曜日)

ソバ畑

カテゴリー: - katsumi @ 21時28分47秒

久しぶりにソバの様子を見てきました。

 

イノシシ防除のためのメッシュの柵の出入りするところがなぜか倒れていたのですが、畑が荒らされた形跡はなく、ホッとしました。

 

ソバの実をつまんで噛んでみましたが、まだ水分がかっていて粉状になるにはまだ少し時間が必要なようです。

 

それでもソバ独特の形状の実に生育しているので安心しました。

 

       

         

         

         

         

        

 

 


2012年10月27日(土曜日)

ダジャレ

カテゴリー: - katsumi @ 23時51分59秒

私は日常生活のなかでダジャレをけっこう口にするほうだと思っています。

 

議会のなかでもダジャレをいって、「おやじギャグ」などとひんしゅくをかっているところもあるのですが、いまでは他の人にも伝播していて、真面目にダジャレが通用している場面もあります。

 

ダジャレを軽蔑するむきもあるのかもしれません。

 

しかし世の中はダジャレ精神が通用しているのだなと感じたのが、次の写真です。

 

これは県民文化会館に掲出してあるポスターですが、「とりアート」の「とり」を鳥のシルエットであらわしているところは、まさにダジャレ感覚です。

 


 

次の写真にある「因幡にぎや街道」(賑やかいどう)はまさにダジャレそのものであり、「アートはじける、ハートつながる」も語感によるダジャレの一つでしょう。

 

                  

 

 


2012年10月15日(月曜日)

ソバ畑

カテゴリー: - katsumi @ 11時37分27秒

昨日夕方、ソバつくりグループの3人で、スジ蒔きしたソバの周囲の草を刈りました。

     

 

花が枯れて茶色に変色し、独特の形をしたうす緑色のソバの実がついています。

すでに黒っぽくなった実も見えます。

 

  

 

      

 

           

 

                  

  

 


2012年10月14日(日曜日)

ソバ畑

カテゴリー: - katsumi @ 09時07分06秒

休耕田のソバの今朝の様子です。

 

       

 

草が茂り、ソバの花は茶色に変わりつつあります。

 

今日の夕方には草刈りをする予定です。

 

 


2012年10月6日(土曜日)

秋ソバ―6週間

カテゴリー: - katsumi @ 23時59分44秒

8月26日の種まきから明日で6週間です。

 

 

 

   

 

茶色の花がみられるようになり、満開から下り坂になってきました。

 

背丈も私の腰のあたりまでのびています。曇り空のせいもあるのか、虫の羽音はきこえません。

 

 

 

   

 

蜜をもとめてくる虫をねらっているのかハンターがいました。

  

 

  

 

  

 

  

 


2012年9月29日(土曜日)

秋そば―種まき5週間

カテゴリー: - katsumi @ 23時58分54秒

8月26日に種まきした秋そばの花が満開です。

 

交配の神々の羽音が豊作の祈りにも聞こえます。

 

 

 

 

    

 

 

   

 

 

   


2012年9月21日(金曜日)

秋そば12.9.21

カテゴリー: - katsumi @ 22時12分17秒

秋そばの生育状況です。

 

朝宣伝の後で撮ったものです。

 

   
    

   

ハチの羽音がしっかりと聞こえます。谷奥の自然の豊かさを実感しました。

実りが楽しみです。

    

    

    

 

    

 

   

   

   

   

   

   


2012年9月16日(日曜日)

旧小田小グラウンドの芝生

カテゴリー: - katsumi @ 17時07分47秒

旧小田小学校グラウンドの芝生化に地区自治会としてとりくみ、今年の秋の運動会(10月7日)は芝生の上で初めておこないます。

 

芝守り隊のみなさんの努力で、きれいな芝生になっています。

 

 

青空に浮かぶ雲はすっかり秋の様子です。

 


秋そば12.9.16

カテゴリー: - katsumi @ 17時02分59秒

秋そばが順調に成長しています。

 

花が開くのも間近いでしょう。

 

 

 


2012年9月13日(木曜日)

秋そば その後

カテゴリー: - katsumi @ 20時15分17秒

8月26日に種まきした秋そばの生育は順調のようです。

 

9月7日→

 

9月9日→

 

9月9日→

 

9月13日→

 

9月13日→

 

9月13日→  花のつぼみです。


2012年7月4日(水曜日)

語呂合わせ

カテゴリー: - katsumi @ 17時27分09秒

先日のこと、鳥取市内に向かっている私の目の前を、岩美町のバスが走っていました。

 

見慣れた浦富海岸の美しい風景写真にとまった目が、何気なしにナンバープレートに移動。

 

ダジャレ好きの私は、ひとり笑っていました。

 

 

     

    


55 queries. 0.321 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

blog 最近の投稿
blog 月別過去ログ